人気ブログランキング |

2011年 09月 14日 ( 1 )

しつけの行き過ぎ

 とても腹が立ったので、つい怒りに任せて書いてしまうが、
子どもの教育、しつけって難しいなあ、とつくづく。
c0191625_1193432.jpg


 息子はもともとぜんぜん「良い子」ではないけれど、
最近、年とともに、ますます言って聞かせるのが大変になってきた。

 些細なことで、夫が息子に雷を落とす。
息子もまったく懲りず、繰り返し同じようなことで怒られている。

 今日、夜遅く家に戻ってくると、
夫が、「こんな事があった」とややバツが悪そうに話す。

***************
 夫が夕方息子を学童に迎えに行くと、
またいつものとおり、先生からあれこれ「ご注意」があったらしい。
今日の「ご注意」は、お友達の宿題の邪魔をして困るというものだったらしい。

 息子の学童では、特に中学年から高学年の子たちは
学校や塾の宿題が毎日結構あるらしく、
学校から戻ってくると、まずはそれを済ませて、
それからみんなで遊ぶというルールになっているらしい。

 ところが、息子は学童ではドリルとかやりたくないらしく、
夫が持たせたドリルはやらず、とにかく遊びたい。
そして、宿題をしている他のお友達の邪魔をするので、
みんなは集中できなくて困っているというのだ。

 以前も同じようなことがあって、夫は息子にあれこれ言ってきかせたらしいのだが、
また同じような「ご注意」。

 まあ、あえて息子の立場に立ってみるならば、
まだ小学校1年生ぐらいだと、遊びたい盛り。
私なんて小学生のころろくろく勉強した記憶がない。
暗くなるまで外で遊んでいた思い出しかない。
(まあ、時代が変わったんだろうし、
それだからといって他の人の邪魔をするのはいけない。)

 夫は、帰り道、くどくど息子に小言をいったらしい。
さすがに息子もしゅんとなっていて、黙ってうちまで戻ってきたとか。

 それでも夫は怒りのやり場がなくなって(多分、想像するに。)、
「そんな悪い子はしばらく外で反省してなさい。」とうちの中にいれず、
玄関の外に立たせておいたのだとか。

 ちょっとちょっと、このあたりまで聞いて、なんだか胸騒ぎ。

 確かに、子どものころ悪いことをしたときに、
押入れやお風呂場に閉じ込められたり、ベランダに出されたり、
約束を破って遅く帰ってきたときには、締め出されたこともあったっけ。

 でも、もうそういう、のどかな時代ではないのかも・・・。
「虐待」とかそういうのが頭をかすめる。

 で?
「それから、しばらくちょっと小さい声で『ごめんなさい』って泣いてたみたいだった。」
やれやれ。
 
 「それからまたしばらくしたら、『おしっこしたい』と言い出した。」
え?

 「で?どうしたの?」
「そんな悪い子は、しばらく反省してなさいっていったら、
がまんできなくなって、おしっこもらしちゃったから、うちに入れた。」

 ええええ!!!
さすがにそれはちょっとやりすぎなのでは?
おしっこもらしたって、玄関の外で???

 同じ階のお隣や下の階のお宅の方たちとか、そういうやりとりを聞いて
どう思っただろう・・・。

 「だって、ぶったりするのはいけないって思ったから・・・。」と
夫は言い訳がましく言う。
言うことを聞かない息子に、手を上げることもある夫に、
「体罰だけは絶対やめて。」とうるさく言ったからか・・・。

 でも、トイレに行かせないっていうのは、十分「体罰」だと思うんだけど・・・。
国によったら、「虐待」で児童相談所の人に、子どもを連れて行かれちゃうよ、と
言ったら、
「分かってる、まさかおしっこもらしちゃうとは思わなかったから・・・」と言い訳している。

****************
 こんなネタで、夜中に夫婦喧嘩。
 
 「おもらしさせるなんて、サイテー!」
「そうはいうけど、自分は毎晩遅くまで帰ってこなくて、育児放棄じゃないか~!」
「どんな理由があれ、そんなことするなんて許されるもんじゃない!」
「何度言っても聞かない子どもを反省させるって、並大抵のことじゃないよ~!」

 結局、とりあえずは、「謝らない」トルコ人の夫が、
「自分が悪かった、やりすぎだった。」と言っていたので、
まあ追及はこのぐらいにするか・・・。

 でもなんだかとても腹が立った。
夫にも、自分にも。

 やれやれ。
<今日のプライベート充実度10%>

by makikoai2005 | 2011-09-14 00:48 | 家族