2010年 07月 02日 ( 2 )

お中元!

 お中元の季節。
そんなに贈る先があるわけではないのだけど、とりあえず、
結婚した時に証人になってもらった昔の上司、
息子を保育園まで送迎してくださるシッターさんたち(日替わりなので4人)、
ピアノの先生、
に今年もネットで注文して送った。

 本当にささやかな、ゼリーとか、飲み物とか。
夫は「とにかく、シッターさんたちには忘れないで。」と言う。
「K(息子)が毎日面倒をかけてる人たちだから。」
確かになあ…。
けっして「良い子」とは言えないうちの息子を引率するのは
本当に大変な仕事だろうなと思う。

 私たちがお支払いしているのは本当に申し訳ないような料金だし、
一日1時間足らず息子を幼稚園から保育園に連れて行ってくれるだけのために
随分と遠くから通ってきてくださっている。
 私が心配することではないのだけれど、
シッターさん派遣会社の取り分だってあるだろうし、
シッターさんたちにはいくらも渡っていないのではないか…。
そのために往復の時間もかけて、
割に合わないんじゃないのかなあ、ととても不思議。

***********************
 と、突然、Yさんから荷物が届いた。
「お中元」と書いてある。

 Yさんは最近息子を送迎してくれることになった比較的新しいシッターさん。
この間、ゴスペルのコンサートに誘ってもらって
行ったことで、
かえって気を遣わせてしまったらしい。
c0191625_2323346.jpg

 大ぶりの金属の箱に入ったおせんべいだった。
ん~。高級なおせんべいは味も全然違うなあ…。

 中からは、お孫さんたちの写真入りのカード(御礼状)が入っていて、
「うちの孫たちです」と書かれていた。
c0191625_23364057.jpg

小学生ぐらいの女の子と幼稚園生ぐらいの男の子と、赤ちゃんの3人。
とってもかわいい!

 ん~。
お中元の交換をしてしまってる、私たち。
お互い気を遣いすぎてしまってるのかなあ…。

 なんだか、日本ならではの心遣い(遣いすぎ…)って感じだなあ。
つくづく。
<今日のプライベート充実度50%>

[PR]
by makikoai2005 | 2010-07-02 23:20 | その他

学年末と新しいクラス

 息子の幼稚園は、明日で今学期も終わり。
今日の午前中には、新しいクラスの先生とクラスメートと会う時間が
設けられていたらしい。
クラス替えがあっても9月の新学期からスムーズに新クラスになじめるように。

 息子がもらってきたお手紙によると、
新学期からは「パイナップル組」。
これまでの「ペンギン組」からは3人のお友達と一緒のクラスになった。
「親友」のYくんとは、どうやらクラスが違うらしい。
クラスは19人で、先生は2人。

**************
 そのあとは、いつもどおり「ペンギン組」に戻って、
みんなでちょっとしたお別れ会をしたらしい。
クラスの役員のお母さんが、色々用意してくれて、
子どもたちは「世界」がテーマの衣装を持ってくるようにとか言われていた。
そんなこと、また急に言われても…。
ここの幼稚園では結構こういう急な衣装の用意が多くて…。

 仕方がないので、この間のソンブレロとポンチョをまた持って行かせた。

*************
 学年末だと、持ち帰る荷物も多い。
今日は、ここ1年間で使ったらしいノートを持ち帰ってきた。
テーマごとに全部で7冊。
毎日こんな風に色々書いたりしてたんだあ…。
c0191625_0561886.jpg

 子どもたちが、1年間色々なテーマで色々なことをしていたのにもびっくりしたけれど、
なんといっても、先生のコメントがこと細かにびっしり書かれていたことにびっくり。
息子のクラスでの様子を撮った写真も貼ってあった。
c0191625_0574548.jpg

 毎日3時に幼稚園が終わって、みんなが帰った後に
こんな風に一人ひとりにコメントを書いてたんだなあ。
c0191625_059371.jpg

 なんとなく、自分の子どものころの担任の先生を思い出すとともに
「先生」ってやっぱり「聖職」なんじゃないか、と思った。
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2010-07-02 00:55 | 幼稚園