人気ブログランキング |

2008年 07月 09日 ( 1 )

悲しい知らせ

 かれこれ10年以上前に初めてトルコ語を教えてくれた先生が
ガンにかかって入院している。
くしくもトルコの大統領のレセプションでその知らせを人づてに聞き、
大統領一行が帰ったその日の夕方お見舞いに行った。

 パジャマ姿で点滴をぶらさげてはいたものの、
病室の外の廊下のソファーで、夫も息子と私としばらく話をした。
気丈な奥様は、検査の結果を受けて
近く主治医の先生と今後の治療について話し合うと詳細に渡って説明してくれた。

 今日、その奥さんから
新しく立ち上げたトルコ関連のNPOのお知らせが届いて、
細長い便箋に
「容態はかなりきびしいもので、毎日病院に行くのがつらいです」
と上手だけれど乱れた字で書かれていた。
胸がつぶれそうです。
おっかない先生だったけど、愛すべき人だった。
息子にトルコ語を教えてくれるといっていたのに。
もうかなわないのかしら。

by makikoai2005 | 2008-07-09 02:31 | その他