人気ブログランキング |

Iftar

 朝からとても暑い。
熱中症になるかと思うような天候の中、ピアノのレッスンへ。
今日行けば、あとは2週間夏休みのお休み。

 息子はここのところ大嫌いだったピアノが面白くなってきたらしい。
やっぱりちゃんと練習してできるようになってくると、
面白いと思い始めるものらしい。

 帰りがけに、先生から「じゃあ、来週とその次の週はお休みね。」
と言われると、
「え~!」と残念そうな声を出していた。
びっくり。

 バレエは、お盆休みで今週はお休み。
明日、バレエスクールの卒業生が中心となって作ったバレエ団の
公演があるので、そのリハーサルがあることもお休みの理由の一つかも。

********************
 うちに帰って、お昼を食べていると、息子が歯が痛いという。
先日抜けた前歯の隣の歯。も、数週間前からぐらぐらしてきている様子だが、
「どれどれ」と覗いてみると、ぐらぐらしつつもまだ抜けない乳歯の内側から
大人の歯が生えてきている!
しかもかなり内側にハの字型に。

 これは、早いところ抜いてもらったほうがいいのかも・・・。
善は急げで近くのかかりつけの歯科に電話するも、当然、お盆休み。
ネットであれこれ調べてみると、家に一番近いU歯科が今日も診療していることが分かった。
早速電話。
「やってますよ。午後は3時半ごろからなら時間が空いてます。」とのこと。
急いで息子に支度をさせて、歯科へ。

 どうやら夫婦でやっている歯医者さん。
事情を説明すると、まず歯垢を赤く染める薬で磨き残しのチェック。
小さい歯ブラシをもらって、歯磨きの指導を受けてしまった。
「ほら、ここに六歳臼歯が生えてきてるでしょ。しっかり磨けていないので、
真っ赤になってますよ。よく磨かないと、生え始めの歯は虫歯になりやすいので
気をつけてください。」
と言われた。
「それから、お子さんは自分では磨けないので、小学校3年生ぐらいまでは、
ご両親が仕上げ磨きをしてあげてください。」とのこと。

 それから、とうとう歯を抜くことになった。
麻酔のゼリーを周辺に塗ってから、抜くという手順らしい。
私は、待合室で待つように言われた。

 それからが長い長い。
中で息子があれこれ抵抗しているらしく、
先生と奥さんが、あの手この手でなだめようとしている。
麻酔が効いているはずなのに、「痛い痛い」と大騒ぎ。
「痛いはずないよ。麻酔してるもの。それならお注射の麻酔にする?」
とか聞かれている。
まったく意気地なしで恥ずかしい・・・。

 結局無事入試が抜けて、消毒してもらって、抜けた歯を小さいビニール袋に入れてもらって、
お金を払ったら、たっぷり1時間ほどかかっていた。
まったく・・・。

*****************
 夕方はB大学同窓会の8月の会合。
ちょうどラマダン中なので、断食開けの夕ご飯のIftarにしようということになった。
Oさんが、都内のトルコ料理屋さんと交渉してくれて、
特別のセットメニューを注文。
スープやサラダ、ラフマージュン、ケバブ、デザート、チャイまで
ちゃんとしたセット。
c0191625_056529.jpg

 トルコ料理屋さんといっても、すごく小さい店で、
通常は11人分しか席のない、ケバブスタンドといった方がいいようなお店。
でも、料理は本格的でお肉はハラール・ミートなのだとか。

 今日は貸切。
11人席に、つめて座って、15人。

 息子は、先日トルコ出張のお土産にAさんが買ってきてくれた
サッカートルコ代表のユニフォーム
を着て出かけた。

 いつものメンバーで、わいわい。
狭くて、まるで部活の合宿みたいだね、と話した。
Fさんは、なでしこ柄の浴衣を着てきていて、素敵だった。
c0191625_111723.jpg

 「夏はできるだけ浴衣で外出するようにしてるの。着物とかなれると楽しいよ。」
と言うFさんんは、普段は建設中の東京スカイツリーのてっぺんによじ登って、
地震計を取り付けるようなお仕事をしている。こんな趣味があったなんて・・・。

 お店をアレンジしてくれた、Oさんは、8か月になる赤ちゃんを連れて
奥さんと参加していた。その赤ちゃんがまた、目がすごく大きくて、
赤ちゃんなのにすごーいハンサム。
オムツの広告か何かに出てくる赤ちゃんみたいだった。

 高校生のときに、ロータリーの留学プログラムでイスタンブルに
1年間行っていたのが初めてトルコに行ったきっかけと話すKさん。
彼女はこの春大学を卒業したけれど、今は就職活動を続けているのだとか。
景気が悪くて、就職難らしい。 
c0191625_18362.jpg

 とりあえず、ご飯を食べて解散。
その後、コアメンバー8人ぐらいで、近くのカフェで1時間ぐらいおしゃべり。
5人いたトルコ人の中で、2人がちゃんと断食をやっていると言うのでちょっとびっくり。
それも、外資系の銀行に勤めていて、普段はお酒もガンガン飲んでて、
イスタンブルの中高一貫外国系ミッションスクールの卒業生で、
日本人と結婚している2人だったので、意外だった。
「宗教うんぬんっていうより、なんか習慣みたいな感じかなあ。」とのこと。

 Aさんも夫も、断食とかまったく縁のないグループは、
「え~!やってるの~!」とびっくりしていた。
帰ってきてからも夫は、「それにしても、KUとKEがしてるなんて、正直驚いた。
一番関係なさそうな2人だったから。」と言っていた。
それにしても、こんな暑い季節に、日中水も飲めないなんて、大変だなあ。

 帰りに、Aさんと一緒に帰ったら、「来週あたりカヌーに行こう。」と言う。
とりあえず、カヌーを持っている人と相談するということだったけど、
こんな暑さの中、カヌーなんて大丈夫なのかなあ・・・。
<今日のプライベート充実度90%>

by makikoai2005 | 2011-08-14 00:38 | 催し物
<< ミニバスケ 宝くじ >>