<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

面談とAssembly

 11月、12月はあれこれと学校行事が目白押し。
先週は、水曜日に保護者面談、昨日の金曜日は、息子のクラスの学習発表会だった。

 面談には夕方夫と2人ででかける。
c0191625_23535619.jpg

 先日、先生に呼ばれたことがあったし、
先生は開口一番「既に先日お話したので、今日は息子さんのポジティブな面について
色々お話しようと思います。」と冗談交じりに言って、
今学期の息子の学習の進捗状況等についてお話し始めたけれど、
だんだんと、話題は息子の困った生活態度のほうへ・・・。

 「息子さんは、まるで森の中で生活されてるみたいです。」とのこと。
持ち物をあちらこちらに撒き散らしてしまって、
「あ、こんなところに鉛筆があった、使っちゃおう。
あれ?本がないぞ。ま、いっか。こんなのがあったから、これ読もう。」
みたいに、まるで森の中で木の実やきのこを見つけてるみたい、とのこと。

 「まあ、毎年同じようなことを面談で言われていらっしゃって、
うんざりされてると思いますので、繰り返しませんが、すこしずつ直せるといいですね。」
とか言われてしまった。
とほほ・・・。
「算数とか、頑張ってますよ。国語も気が向くと結構力を発揮してますが、
気が進まないと適当に課題をやってる感じですね。
やりたいこと、だけじゃなくて、やらなければならないこともできるようになると
いいんですけど。」とのこと。
ん~。さすが先生、よく見てるなあ・・・。

*******************
 昨日は、朝から息子のクラスAssembly(学習発表会)。
偶然、祝日に重なったので、夫と2人で雨の中みにいく。

 数日前に、突然、「今度学校で使うから、ベレー帽持って行かなきゃいけない。」
とか言い出し、慌てた。
うちにベレー帽なんてないよ!

 夫が、「渋谷に帽子を専門に売る店があるよ。」というので、
面談のあと、2人でセンター外の奥の、小さな店へ。
よく知ってるなあ、こんなお店。
夫は、ときどき私がまったく知らないような店を見つけてきて、びっくりする。

 赤いベレー帽を1000円で購入。
大人用(多分女性用)なのでちょっと大きめ。

 息子は、芸術家の役なんだそうな。
c0191625_004341.jpg

 Assemblyは毎年各クラス2回ずつあるのだけど、
Year3になってからは初めて。
幼稚園生からYear3までの全生徒と先生と、発表するクラスの保護者が観客なので、
ちょっとした「学芸会」。
担任の先生にとっても、腕の見せ所的な会。
幼稚園のときの息子の担任は、Assemblyがとても上手だったけれど、
year1とYear2のときの担任の先生は、必ずしもそうではなかった。

 ところが、今度の先生は、かなりうまく構成を考えていて、
子どもたちも楽しそうだったし、見ているほうも結構楽しめた。
ちょっとした寸劇仕立て。
c0191625_052342.jpg

 終わってから、みんなで記念撮影。
c0191625_084068.jpg

 やれやれ。
来週は、古代エジプトをテーマにした日が一日あって、
子どもたちは学校で、古代エジプトにちなんだ仮装をしたり、
古代エジプト時代に食べられていた食べ物を再現して食べたりするらしい。

 12月に入ると、クリスマス関連の行事もたくさんあって、
なんだか準備とかで忙しくなりそう・・・。




[PR]
by makikoai2005 | 2012-11-24 23:54 | Year 3

パスポート

 夫が来月また出張だというので、
息子と2人でどこかへ遊びに行って、
出張帰りの夫が合流するという計画を立てる。
寒いので暖かいところがいいね、とバンコクに決定。

息子のパスポート、去年で切れてた。
写真が幼くて、なんか懐かしい。

午前中、休暇をもらって代理申請することに。
申請書類をあらかじめ区役所の行政コーナーでもらって来る。
小学生以上は自分で署名しなければならないらしい。
念のために用紙は2枚もらった。
署名欄をはみ出したり、なぞり書きしたり、かすれているのはダメとか色々注意事項が。

朝、息子に何度も別の紙に練習させて、よくよく言い聞かせて、いざ用紙に…。
と、言ってる先から書き損じ!

も〜!
で、予備の用紙にもう一度…。
はみ出さないでって言ってるのに!

紙もうないよ〜!
学校行く時間なのに!
しかも今日は朝から特別な授業があるとかで遅刻できないとか…。

夫は、癇癪を起こすし(多分、私も)、息子は泣くし。
泣きたいのはこっち。
せっかく休みとったのに。

急遽、3人で隣の駅の行政コーナーへ。
用紙をもらってその場で息子に署名させる。
息子真剣。

そのまま、夫と息子はちょっと遅刻して学校へ。
私はパスポートセンターへ。
いつも行っている横浜はちょっと遠い。
初めて、川崎の支所に行ってみる。
思ったより近い。
しかも、予想以上に空いている!
c0191625_1046574.jpg

係りの人たち(みんな女性)はとても親切で、システムもわかりやすくて、
あっという間に申請完成。

受取りは一週間後。
さて、出勤するか…。

[PR]
by makikoai2005 | 2012-11-21 10:28

 先週は、ボジョレ・ヌーボーの解禁日だとかで、
当日たまたま仕事関係の研究会の後の懇親会で
ボジョレを飲む。
c0191625_2342377.jpg

その昔、バブルの頃は大騒ぎしたこともあったみたいだけど。

 懇親会自体は、半年ほど月1のペースで続いている研究会の先生を囲んでの会。
遅れて参加したけど、楽しくて、得るものもあって、行ってよかった。

********************
 今日は、朝から雲行きがあやしくて、
午後は時折激しい雨。
バレエのレッスンへ傘をさして、長靴を履いて。

 レッスンのあとは、昨日と今日の2日間開催しているという
息子の同級生Sくんのお父さんの「個展」へ。
PTAの会報にお知らせが載っていたので、行ってみようかなと軽い気持ちで出かける。
場所は、小田急線沿線の「●●アパート」と住所が書かれていた。
最近、アパートの一室をギャラリーやレンタルスペースにしているのをよく見るし、
そんな感じのところかなと思っていた。

 電車を降りて、地図を見ながら行こうとするが、
なんとなく地図と実際の道が違う感じ。
すごいどしゃ降りになってきて、急いで近くのコンビニに駆け込んだりした。
ずぶぬれ。

 タクシーで行こうかなと思ったけれど、こんな天気のせいか
全くタクシーが見つからない。

 やっとこさ、それらしいところを見つけると、
なんだかすごいゴージャスなマンション。
c0191625_2342667.jpg

入り口にはコンシェルジュの人がいるぐらい。
「あの~、ここで『個展』があるって聞いたんですけど」と尋ねるも、
「個展?いやあ、そのようなことは。こちらは●●ですが。」
住所には間違いない。
「お部屋番号は?」
部屋番号を告げると、
「●●さまのお宅ですね。」

???

 どうやら、ギャラリーとかではなくて、誰かの家を会場にしているようだった。
高級マンションの中はまるでホテルみたい。
 
c0191625_2342457.jpg

 お部屋のチャイムを鳴らすと、
なんとそこは、息子の別の同級生STちゃんのおうちだった。
ん~。いわゆる駐在員のお宅だったのね。

 Sのお父さんが出てきた。
こんな時間に見に来る人がいるとは思っていなかったみたい。
手にはワイングラス。

 息子の同級生STちゃんと弟PGが一緒に出てきて、
子どもたちはすぐに遊びの中へ。
うしろから、STちゃんとお母さんも出てきた。

 私は、Sくんのお父さんの絵が10枚ほど飾られている居間へ。
変わった素材でできた、ちょっとデコボコのある絵だった。
販売もしているらしく、値段がついていた。「売約済み」の札も。
値段の入ったチラシももらう。
c0191625_07760.jpg

 Sくんは、お母さんの東京への転勤で家族で去年引っ越してきた。
お父さんは、おうちで絵を描いているのだとか。
今回は、お友だちのおうちの居間を借りて、「個展」をすることになったと
画の説明と共に、話してくれた。

 どれも日本に来てから描いたのだとか。
「子どもたちが学校に行っている間に、画を描く時間が結構できた。」とのこと。

 数十分画を見て、帰りは、ちょっと遅くなってしまった。
「Sは?」と息子が聞く、
「おうち。今ごろはもう寝てる頃だよ。」
「え!こんなに早く?」
「いつも7時に起きて7時に寝てるの。」
「僕も家帰って寝よう。」
そうだね、明日は、仲良しの子たちとPlaydateだったね。

 夜遅い時間になって、雨は弱まってきた。
明日は晴れるといいなあ。
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2012-11-17 22:54

バスケットボール・クラブ

 昨日は、息子が学校のクラブ活動でしているバスケットボール・クラブが
都内のNインターナショナルスクールへ「遠征」。
c0191625_20155311.jpg

朝から、夫と3人で、学校へ。
そこからみんなでスクールバスに乗ってNインターナショナルスクールへ。
c0191625_20155543.jpg

クラブの顧問の女性の先生が2人で待っていた。
3年生から5年生の生徒がぞくぞくと集まってくる。

 男の子がほとんどだったけど、女の子も数人。
みんなでバスに乗り込む。
c0191625_20402864.jpg

バスの中は、わいわいがやがや、とってもにぎやか。

 Nは都心の真ん中にあって、おもったよりは小規模な学校だった。
c0191625_20454557.jpg

 着くとすぐに持ってきたおやつを食べるように指示される。
c0191625_20482350.jpg

 Nの厨房のついた売店のようなところでは、PTAのお母さんたちが
手作りのお菓子やコーヒーを売っていた。
キャロットケーキを買ってみる。
おいしい!
c0191625_20564033.jpg

Nはこじんまりした学校だったけど、立派な体育館があった。
上から観覧できるようになっている。
すぐに試合が始まるわけではなくて、Nのバスケットボール・クラブの男性コーチが
みんなに基本的なパス回しやドリブル、シュートなんかを教えてくれる。
ちょっとしたセミナー。
c0191625_20585977.jpg

役に立つなあ。

 それからゼッケンを着けて、4つのグループに分かれて
簡単なゲーム。
c0191625_2113250.jpg

 息子は楽しかったといっていたけれど、
やっぱり週に1回のクラブの練習だとなかなか上手にならないよねえ。
c0191625_2143946.jpg

 サッカーとかと違って、バスケットボールって練習できるところが限られてるかも。
ちょっと残念。
c0191625_2162757.jpg

 帰りもまた、スクールバスで学校まで。
夫は途中で、友だちと会うとかで行ってしまい、
息子と私だけで、学校まで戻ってきた。

 そこから、沿線のショッピングモールへ。
かれこれ15年以上前に、当時学生時代に知り合ったSさんが、
富士山を世界文化遺産に登録しようとかいう運動のイベントで静岡から来ているということだった。

 彼女とは、トルコ西部の大地震の後に、被災地でばったり会ったのが最後。
医療ボランティアの仕事で来ていたらしい。

 まったく変わっていなかった。
c0191625_21111593.jpg

 ちょっと彼女と話し込んでいたら、
その間に息子は会場で行われていた子ども向け富士山クイズに参加していて
ちゃっかり賞品までもらっていた!
c0191625_2121372.jpg

「富士山は、静岡県と長野県の間にあります。マルかバツか。」みたいな質問。

 賞品は、静岡名物のおでんの素だとか。
やれやれ・・・。

 その後夕方ピアノのレッスンに行って、
帰りに息子が「回転寿司に行きたい。」と言い出す。

 実は、私、生まれてこの方回転寿司に行ったことがなかった。
別に、高いおすし屋さんしか行ったことがなかったというわけではなくて、
そもそもあまり生魚が得意でなかったので、すし屋さんには縁がなかった。

 ところが、うちでは夫と息子がお刺身やすしが大好物。
ん~。
ちょっと迷ったけど、夫もいつ帰ってくるかも分からないし、
これからうちに帰って晩御飯の用意かあ・・・、と考えると、
ま、いいか、今日は特別ってことで。

 うちの近くにいつも車がたくさん停まっていて繁盛してそうな感じの
回転寿司のお店があった。
金沢のおすしという触れ込み。
入ってみると、すごい人気で、30分待ちとのこと。
息子は「待ってもいいから絶対食べたい。」とのこと。

 しばらく待っていると、割合とあっさり順番が回ってきた。
回転も結構速いらしい。
我々2人はカウンター席。

 実は、初めてなので、勝手も分からず、どうやって注文したらいいのやらと
思っていたら、息子が、「この注文の紙に書いて渡すんだよ。」とのこと。
どうやら、以前別のところで夫と回転寿司のお店に入ったことがあったらしい。
c0191625_2127064.jpg

 カウンターの中の板さんは、気を利かせて息子のために
わさび抜きのおすしを握ってくれた。
c0191625_2128571.jpg

 お会計を済ませてびっくり。
回転寿司ってこんなにリーズナブルなんだ・・・。

 うちに帰ると夫が一足先に戻ってたらしく、
その日は午後からトルコ人の友だち数人と浅草の「神谷バー」に行っていたと言っていた。
ずいぶんと歴史のあるバーらしく、なかなか面白いところだったとのこと。
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2012-11-11 20:09 | Year 3

最近のこもごも

気付くとだいぶ長いこと書いてなかったなあ。

出張の帰りは、ヒースロー空港で散々な目に遭った。
強風の影響だとかでジュネーヴからの飛行機が遅れてしまい、ヒースロー空港で乗るはずだった便を逃してしまう。
同じような状況の別の便でヨーロッパ各地から到着した人たちと、空港のチケット再発行のカウンターに並ぶ羽目に。
c0191625_138380.jpg

並ぶこと7時間。周りの怒った人たちと、人員不足か3人しか働いていないBAの職員。
待たされたあげくに、今日はもうブッキングはしないから、明日の朝からまた並んでください、だって。
c0191625_138498.jpg

周りの人の怒号のなか、しかたなしにあてがわれた空港の近くのホテルへ。
思いがけず、英国に入国。
「入国の目的は?」と聞いてくる入管職員に、疲れたような顔をしたら、
「わかった、わかった。乗り遅れですよね。ようこそロンドンへ。」だって。
シャトルバスに乗って、ユースホステルみたいなホテルへ。
もらったクーポンで遅めの晩ご飯。
c0191625_13876.jpg

7時間飲まず食わず、お手洗い行けずの後では、ありがたかった。

翌日も朝から5時間ならぶ。
アメリカへ飛ぶ人たちは、数日先まで席がないとか言っていたから、
それにくらべれば、ラッキー。
夜のANA便のチケットを再発行してもらう。

空港のこんな広告が、あまりにも皮肉で、みんな写真を撮っていた。
c0191625_138830.jpg

空港内のシャトルバスで別のターミナルに移動。
c0191625_138108.jpg

今度は、ロンドンに遊びに来たいな。

夜の便までの数時間、空港内をうろうろ。大きく空港だなあ。
c0191625_1381447.jpg

息子と夫にお土産を買ったりした。
c0191625_1381234.jpg

結局、一日半遅れで帰国。
翌日は月曜日だったので通常どおり出勤。

疲れがたたったのか、酷い風邪をひいて、治るまで大変だった。
ずいぶんと遠い昔のことのようだけど…。

[PR]
by makikoai2005 | 2012-11-11 12:47