<   2012年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

c0191625_1322244.jpg

降ってる、降ってる。
久しぶりに雪。
予定どおり出張行ってたら、朝、大変だっただろうなあ。

[PR]
by makikoai2005 | 2012-02-29 13:04 | Trackback | Comments(4)

子どものためのチャリティー・バレエ

 息子の学校のPTAのお知らせで、
子供向けのバレエ・イベントを見つける。

 英語版「いのちのでんわ」みたいな団体が毎年主催している
チャリティー・イベント。
開場は、東京タワーに近いロシア大使館の敷地の中にある
小さいホール。
c0191625_23341781.jpg

 午後から1時間ちょっとのイベント。
2時と4時の2回あるようだった。
我々が行ったのは2時の回。

 会場では、ロシア人の子どもが会場整理したり、
プレゼントが当たるくじを売ったりしていた。
ピロシキとクッキーのセットを買って、公園の前に食べたりして。
c0191625_23354221.jpg

 会場には、子ども連れの家族がたくさん。
息子は何人か学校のお友達を見つけたみたいだった。

 バレエのパフォーマンスは、クラシックからコンテンポラリーまで色々。
途中で、バレエ団の主催者の男性が、バレエのポーズや、
手のポジション、どうやって男性が女性をリフトするのか、
ぐるぐる回転しても目が回らないコツは何かとか、色々説明してくれた。

 1時間ちょっとというのは子どもたちが飽きないちょうどいいぐらいの時間。
終わった後は、くじ引きがあって、プレゼントが当たった子達も。

****************
 そこから電車で東中野へ。
B大学同窓会の2月の会合が、東中野のバーであった。
とても小さいお店。
普通は日曜日はお休みなのだそうだけど、我々のために特別に
午後4時から2時間半貸切で明けてくれた。
c0191625_234669.jpg

 幹事のZさんが、週に2,3回のペースで訪れているバーだそうで、
とにかく格安。
大きなスクリーンに、トルコの映画を流してくれた。
集まったのは10人ほど。
あれこれ2時間半おしゃべりした。

 T工業大学で、人工心臓の研究をしているAさんと、
同じ方向で、一緒に帰った。
牛を使って、開発した人工心臓の実験をしているのだとか。
興味津々の息子。

 明日からまた学校だね。
うちに帰ると、まっすぐベッドへ。
<今日のプライベート充実度70%>

[PR]
by makikoai2005 | 2012-02-26 23:34 | 催し物 | Trackback | Comments(0)

Birthday Boy

 今日は息子の7歳の誕生日。
今年は偶然、週末に当たった。

 毎年恒例のお誕生会は、私の両親を招いて自宅でお祝い。
最近寝不足で、ちょっと朝起きるのが辛い。
でも、誕生日は昼なので、起きないわけにも行かず。
c0191625_2331148.jpg

 毎年、息子の誕生会では、
同じメンバー、
同じメニュー、
同じお店のケーキ、
同じ席次、
同じテーブル・クロス、
と決まっていたが、
今年は、息子のリクエストで、メニューとケーキに変更が。

 息子は肉料理があまり好きではなく、
「ステーキ、絶対やだ。」とのこと。
そんなこと言われてもねえ・・・。
私はそんなに料理が得意なほうではないし、手の込んだものも作れない・・・。

 で、思いついたのが、「手巻き寿司」。
これなら材料(魚介類の刺身)を買ってきさえすれば、どうにかなりそう。

 朝から米をといで、昆布と一緒に電気釜へ。
ご飯が炊ける間に息子と買い物へ。
その間、夫は家の掃除。
パーティーは12時から。

 息子は、「今年はケーキはやだ。アイスケーキがいい!」とうるさい。
この間31アイスクリームに行ったとき、ケーキの形をした「アイスケーキ」を
見つけて、「ぼくの誕生日には絶対これにする!」と宣言していた。

 飛んで帰って、大急ぎで準備。
とりあえず、ネットで調べたとおり、酢と砂糖と塩を混ぜて「酢飯」を作る。
小学校の家庭科の時間で大昔に作って以来だったかも。
 
*****************
 12時ちょっと過ぎに「おじいちゃんとおばあちゃん」が来訪。
「大きくなったねえ」とたまにしか会わない父は息子をみて言う。
ほぼ1日おきに会っている母は、そう?という顔をしている。

 おじいちゃんとおばあちゃんからのプレゼントは、本。
「はじめてのにっぽんちずちょう」というカラーの写真や絵の入った
楽しそうな本と、
「知ってびっくり!もののはじまり物語」、「なぜ?どうして?社会のお話」。

目次をぱらぱらっとみると、
 「お金はどこでつくっているの?」とか「どうして消費税をはらうの?」
「国会って何をきめているの?」とか書いてある。
ふむふむ、ためになりそうだなあ。
いかにも、「雑学」好きの息子が喜びそうな本。
c0191625_23435534.jpg

 もしろん、母のチョイス。
さすがっ!
c0191625_2345370.jpg

 夫が用意したのは、Star WarsのLego。
これも息子好み。
c0191625_23461985.jpg

 それからみんなでテーブルについて、あれこれおしゃべりしながら
「手巻き寿司」。
もうちょっとあれこれ具に工夫すればよかったなあ・・・。
「ネットでもっと色々調べたらよかったのに。結構色々なアイディアが出てるわよ。」
と母に言われる。
そうだよねえ。
c0191625_23482298.jpg

 孫の写真を撮りまくりの父。
最近は、コンパクト・デジタルカメラでもびっくりするぐらい良く撮れると力説していた。
c0191625_23501891.jpg

 まあ、それでもどうにかお誕生会らしいテーブルになった。
残念だったのは、息子がそれほど「手巻き寿司」も食べなかったこと。
いったい何にすればいいんだろう・・・。
案外、普段の食事っぽいものが好きな息子。
「ごちそう」はあまり「ごちそう」ではないのだ、彼の場合・・・。
c0191625_23525328.jpg

 お待ちかねの「アイスケーキ」。
見た目は、普通のチョコレート・ケーキ。
「あ、硬い。ろうそくが立たない。」と夫が言う。
なるほど、アイスだから硬くて、スポンジみたいに細いろうそくがなかなか立たないらしい。
c0191625_2355296.jpg

 それでも、どうにか立てて、火をつける。
「ハッピーバースデー」の歌も、歌う。
c0191625_23563821.jpg

 本人、にっこにこ。
おじいちゃん、写真撮りまくり。
c0191625_23575944.jpg

「アイスケーキ」は全体がアイスクリームではなくて、ところどころにスポンジも入っていて、
想像したよりおいしかった。

*******************
 さあ、それからは、我が家の誇る(?)エンターテイナーである息子によるショータイム。
まずはピアノの演奏。
c0191625_23595669.jpg

今週は、学校がお休みだったので、結構練習できたらしく、
まずまずのでき。
c0191625_012978.jpg

 その後も、学校のコーラスのクラブで習った歌や、
アイリッシュダンスの踊り等々、ネタは尽きない・・・。

 楽しいお誕生会だったね。
毎年来てくれる、両親にも、本当に感謝!

 もちろん、今日は夜遅くまで、プレゼントのレゴで遊んでいた。
c0191625_03042.jpg

<今日のプライベート充実度100%>

[PR]
by makikoai2005 | 2012-02-25 23:28 | 家族 | Trackback | Comments(10)

のんびりしたいな

 異動してから、なんか忙しい。
この1か月で、残業時間が100時間超えていた…。
こんなの初めてかも。

 でも、うれしいことも。
来週の出張が、9割がたなくなりそうな気配。
今まで出張が延期・中止になってこんなにうれしかったことってなかったかも。

 この忙しさは、一時的なものだけど、
やっぱり、もう若くないなと実感する今日この頃…。

 明日は定時であがるぞ!
<今日のプライベート充実度10%>

 
[PR]
by makikoai2005 | 2012-02-24 02:20 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

北の丸公園の科学技術館

 この週末はお天気がとても良い。
絶好の行楽日和。

 毎日愛読しているこちらのブログの方が、とても楽しいところと
紹介されていた「科学技術館」
に息子を連れて行こうと思った。

 九段下の駅からすぐの北の丸公園にある。
武道館はお隣。
c0191625_2025642.jpg

 実は、この界隈には毎年1回人間ドックのために行っている病院があるのだけど、
北の丸公園に入ったのは初めて。

 週末のせいか、剣道の竹刀と防具の入った袋を抱えた人たちがたくさん。

 科学技術館は、親子連れがいっぱい。
夫も、「こんなところに、こんなすごい施設だあったんだね。」とびっくり。
夫も年に数週間、この近くのクライアントのところに行っているのだそうだけど、
こんなところがあるとはぜんぜん知らなかった由。

 5階建ての建物に、あれやこれや面白いものがたくさん。
もらったパンフレットには、館のあちらこちらで催されている「実験」の
時間割が。

 「あ、ちょうど、『超低温』というのが始まるところだ!」
子どもたちは、実験台の周りに集まっている。
c0191625_2036455.jpg

 白衣を着た先生が、みんなにあれこれ説明。
大きなガラスのビンに入った「液体窒素」を見せながらみんなに説明。
ビンの中から液体窒素を少しすくって、小さいビーカーに入れる。
ぼこぼこ沸き立っている液体窒素。

 「みんな、どうしてこんな風にボコボコ行ってるか分かる?」
などと、質問形式で進めていく。
なかなかいい感じ。

 液体窒素は沸点が-196度だから、普通の部屋に出しておくだけで、
沸騰しちゃうんだとの説明。
ドライアイスは-80度ぐらい、家庭の冷凍庫は-20度だから、
液体窒素の沸点はとても低いんだよ、と言っていた。

 液体窒素を、机の上にこぼして見せて、一瞬にして蒸発してしまうのを見せたり。
カーネーションの花を入れて、ぱりぱりに固まるのを見せたり。
「フリーズドライの食品とか、これを使って作ります。」

 お湯の入った容器の中に、液体窒素を入れて、
煙をつくる。
c0191625_2043791.jpg

「わー!すご~い!!!」と歓声を上げる子どもたち。
もっと近づいても、触れるのは蒸気だけ。
c0191625_20445693.jpg

「実験」は30分ほどのものだったけれど、
大人でも面白いと思うような、充実した内容だった。

 階ごとにテーマが決まっているらしく、
とても一回では見切れないほど。
c0191625_20502918.jpg

自分が台からジャンプする姿がスローモーションで見れる機械。
c0191625_20511526.jpg

 また遊びに来たいね。

******************
 科学技術館を出たら、すっかり夕方。
「お腹すいた。」
確かに。

 夫が、仕事でここら辺に来ているときに、よく行っていたという
てんぷら屋さんに連れて行ってくれる。
安くておいしくて、こんなところにこんなてんぷら屋さんがあるんだ~、
とびっくり。
c0191625_20543783.jpg

 息子が、我々と同じ量をペロッと食べたのにもびっくり。
やばい。この子はやっぱり結構大きくなるかも・・・。

******************
 息子の学校は明日から1週間half termでお休み。
今日は特別、夜更かしを許されて、夫とサイエンスのゲームをして遊ぶ息子。
こっちは、明日からまた1週間仕事だよ。
私も、half termが欲しいなあ・・・。
<今日のプライベート充実度90%>

[PR]
by makikoai2005 | 2012-02-19 20:25 | 友達 | Trackback | Comments(6)

雛人形

 息子とピアノの先生のお宅からの帰り道、
文房具屋さん「IT●YA」に寄る。
ショーウィンドウからお雛様の柄のついた日本手ぬぐいが見えたので、
思わず息子とお店に入ってしまった。
「かわい~!」と黄色い声を上げる息子。

 「Mちゃんに、買ってあげようよ。」
息子は、今年生まれて初めてのひな祭りの従妹のMちゃん
のことを思い出す。

 ところが、お店に入ってみてみると、
手ぬぐいは思いのほか高い。1470円。
「お小遣いで買えない…。」とがっかりする息子。
どうやら、予算外だったらしい。

 と、隣に、こんなものが!
c0191625_2112164.jpg

 ちりめんでできた小さいお雛様。
(写真だと、二入の位置が反対…。)
1個525円。
「かわいい!!!」と息子大喜び。
「2つだと、え~と、1050円かあ。」
「じゃあ、ママと一つずつ買って、プレゼントしよっか」と助け舟を出すと、
「そうしよ~!」

早速買って帰る。
かわいい!
c0191625_2114822.jpg

 これにメッセージでも添えて、届けることにしよう。

 そんなことを話していると、息子が
「これ、この間、こどもの城で作ったの。」と作品を持ってくる。
c0191625_21131082.jpg

 なんじゃ?
学校の日本語のクラスでこどもの城に行ったとき、みんなで作ったらしい。
「僕のだるまが、クラスで一番上手だってY先生言ってたよ。」
これが?
クラスで一番上手???

 聞いてみると、どうやら「だるま」のコンセプト自体をよく理解していない子が
多くて(「だるま」を初めて見た子も多かったらしい)、
脚がついていたり、妙に細長いのとか作ってしまった子がいたらしい。
ある意味「だるま」っぽい感じにできていた息子の作品を
先生がほめてくれたということらしかった。

 隣の青いものは???
「なにこれ?」
「江戸じだいのおもちゃ。」
端を押すと、ぴょこぴょこ跳ねる。
ふ~ん。

**********************
 午後からバレエ。
新しい子が何人か入ったみたいで、とても賑やかだった。

 バレエの後、渋谷で夫と待ち合わせ。
夫は、同じ沿線に住んでいる「素数のSさん」と会っていたらしい。

 渋谷の小さなトルコ料理のカフェへ。
トルコ料理は「エスニック料理」のカテゴリーに入るので、
日本では結構高いけど、ここはリーズナブル。
久々にメルジメック・チョルバス(レンズマメのスープ)
とか、ナスの前菜、キョフテ(ミートボール)とか食べて、
満腹、満腹。
c0191625_21515161.jpg

「素数のSさん」は、しばらく会わないうちに、
びっくりするほど日本語が上手になっていた。

 間口の小さい奥行きの深い小さいお店だけれど、
結構人気があるみたいで、我々が出るぐらいの時間は、
混んで来て行列ができ始めているぐらいだった。

 夫とSさんを残して、息子と早めに帰宅。

 息子はこの間のバレンタインデーのチョコレート作り以降、
「なんか、一緒に作ろうよ~」とうるさい。

 たまたま今日寄ったMUJIでバレンタインデーの売れ残りの
チョコレート作りキットが半額でたたき売られていた。
この間とは違うキットを1箱買う。

 夜に、あまりにも息子がうるさいので、途中まで作る。
チョコレートを溶かして、型に入れるのだ。
これを冷蔵庫で冷やし固めて、上にデコレーションするというもの。
「デコレーションは、明日ね。」
息子やっと納得。

 やれやれ。
でも、こりゃあ、将来パティシエとかいけるかな?
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2012-02-18 21:11 | 買い物 | Trackback | Comments(0)

お誕生日の色紙

 息子が通っている学童から、
こんなものを持ち帰ってきた。
c0191625_2185769.jpg

 誕生日のために、お友達がみんなで書いてくれた色紙らしい。
息子の誕生日は25日なのけど、今月のお誕生会が今日学童であったらしいのだ。

 真ん中には、仲良しのDくんとRくんと肩を組んでいる写真が。
みんなのメッセージやイラストがたくさん。
赤ちゃんの時からお世話になっている保育園の姉妹園の学童。
小さい時からずっと一緒のお友達も。

*******************
 夫はネットで、息子の誕生日プレゼントを注文したらしい。
家に戻ると、押し入れの中に、ブルーの袋に入った
プレゼントらしき包みが「隠されて」いた。
(もっとうまい隠し場所を見つけないと、
遅かれ早かれ発見されてしまうと思うんだけどなあ…。)

 25日はちょうど土曜日なので、お誕生日会ができそう。
いまからあれこれ計画しよう。
<今日のプライベート充実度50%>

[PR]
by makikoai2005 | 2012-02-17 02:19 | 家族 | Trackback | Comments(0)

バレンタインデー

 息子は自分で作ったチョコレートを持って、
いそいそと出かけた。

 職場でも、男性職員にチョコレートが配られていた。

 うちの男性陣にも何か用意しないといけない。
小雨の振る中を、昼休みに銀座へ繰り出した。

 最近ちょっとだけダイエットしている夫に、
できればチョコレートなんて食べさせたくないけど、
まあ、バレンタインデーだしねえ。
 で、高くておいしい、でも量はちょこっとというチョコレートにすることにした。
これならおいしいし、でもダイエットにもひびかないだろう。

 で、銀座に行くことにしたのだ。
とりあえず、ここへ。
c0191625_021649.jpg

 WAKOのチョコレート売り場。
高い!やっぱりねえ。
で、6個入りで1800円のトリュフにした。
チョコレートそのものは小さいのだけど、箱や紙の手提げ袋や、
今日は雨も降っていたので、紙袋にかけるビニールのカバーやらで、すごいかさばる。

 息子に、ビターチョコのトリュフはもったいなさすぎるし、大人の味でわからないだろう。
仕方がないので、道を渡って、反対側の三越へ。
三越のデパ地下は、もっと幅広い品揃えでびっくりするほど高価なチョコから、
ワンコインで買えるお手軽なものまで色々。

 ホワイトチョコにイチゴのフレーバーのついた真ん丸いかわいらしいチョコレートの
箱詰めを買った。
こちらも、手ごろなお値段なのに、箱に入って、また紙の手提げ袋に
雨よけのビニールのカバー。
ん~、かさばる。

 時計を見ると、もうそんなに時間がない。
外で食べている時間はないし・・・。
せっかく来たので、三越の地下でお弁当を買うことにした。
奮発して1250円。
c0191625_084144.jpg

 かわいらしくて、見た目がなんといってもとてもきれい。
職場に持って帰って机で食べていたら、
「わ~。すごい!」
と同僚が何人も後ろから覗き込んで、びっくりしていた。
ははは。たまにはこういう贅沢もいいよね。

***************
 銀座と聞いて、チョコを調達しに行ったことを察知した同僚が、
「へ~、でもトルコでもバレンタインデーとかあるの?」
そういえば、「恋人たちの日(Sevgililer gunu)」とかいって
花を贈ったり、ディナーとか行ってる人たちもいたなあ・・・。
「え~、でもトルコ人ってムスリムなんでしょ。バレンタインデーとか
どういうことでやってるわけ?」
確かにねえ。
でもそれを言ったら日本人も同じだよねえ・・・。

****************
 うちに帰って、夫にチョコを渡す。
WAKOの袋にまず、「えええ!WAKO?」とびっくりして、
「ん~。おいしい!」とあっという間に全部食べてしまった・・・。
c0191625_015392.jpg

 息子は寝てしまっていたので、明日渡すことにしよう。
それにしても、ホワイトデーが楽しみだ。
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2012-02-14 23:58 | 家族 | Trackback | Comments(2)

バレンタイン・チョコ

 週末に息子と一緒に作ったチョコレート。
全部で15個。
週末に家族で4つ食べて、残りは11個。

 お誕生会に来てくれるおじいちゃんとおばあちゃんのためにとっておいて、
あとは、明日学校に持っていくのだとか。
c0191625_238076.jpg

「Sくんでしょ、Sくんのママでしょ、T邉シッターさんでしょ、それからぼくの分と・・・。」と
いつも学校から一緒に帰っているSくんやシッターさんたちと
学校の帰りに食べることを想定しているらしい。

 いつの間にか日本ではそういう風になってしまった、
「女の子が男の子にチョコをあげる」というコンセプトはぜんぜん理解していないらしい。

 手作りチョコキットに入っていたラッピング用の小さいビニール袋と
袋の口を留めるための針金で一つ一つラッピング。

 なんだか楽しそうだなあ・・・。

 おっと、明日はバレンタインデーだから、忘れずにうちの男性陣にも
チョコを調達してこなきゃ(特に、大のチョコレート好きの夫は
忘れるとやっかいなことになりそう・・・。)。

 職場でも、若い女の子たちが、課の男性職員の分を、
今日のうちに準備してくれているみたい。
あとは、分担金を彼女たちに支払えばよいだけ。
ありがたいことだ。
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2012-02-14 02:37 | Year 2 | Trackback | Comments(2)

鎌倉+江ノ島小旅行

 昨日突然、夫が、「今度週末に一泊でどこかに遊びにいこうよ。
近場とかで、温泉とか。」と言い出す。
いいねえ!
と早速ネットであれこれ検索したのだけど、
日本は宿泊代も交通費も高いねえ・・・。

 「別に泊まらなくても、いいんじゃない?例えば、鎌倉とかさあ。」
と夫は言う。

 おお、何たる偶然!
数日前に、ブログ友だちの方のブログで、鎌倉を訪れたときの模様が書いてあって、
近くまた行ってみたいなあ~、と思っていた矢先。

 早速、「じゃあ、明日ね。」と決定。

 息子は朝から「だいぶつ、だいぶつ!」とうるさい。

昨日のチョコも、固まっていて、なかなかのでき。
さっそく味見する夫。
c0191625_2033859.jpg

 遅めの朝ごはんを食べて、いざ出発!

 横浜からJRで鎌倉まで。
駅のホームでこんな自動販売機を発見する夫。
c0191625_2034311.jpg

 タッチパネル?ちょっと大きめ。
実は初めてみた、このタイプ。
ちょっと躊躇。

 息子は何の躊躇もなくさっさとお金を入れて、飲み物を買っている。
c0191625_20364198.jpg

 その上、「パパとママの分もぼくのお小遣いで買ってあげる。」
なんていい子なの~。
120円×3の出費。

 鎌倉の駅に着くと、まずは駅の観光案内所で地図をもらう。
なにしろ、本当に久しぶりなので、なんとなく駅を出て左の方向だったのは
覚えているのだけど。

 細い商店街のようなところを通っていく。
食べ物屋さんやお土産屋さんがひしめいている。
なぜ、鎌倉で?と思うようなものもたくさん売られていた。

 ブログ友だちのPさんも書いておられたように、
食べ物屋さんの値段が「観光地料金」でとても高い!
京都だってこんなに高くなかったよ!ちょっとびっくり。

 しばらく歩いて、鶴岡八幡宮に到着。
c0191625_2042266.jpg

 ここも本当に久しぶり。
中学、高校では遠足で何度も来ているのだけど、大人になってからいつ来たっけ?

 息子は、さっそくお賽銭を入れてお参り。
学校で、「宗教」という授業があって、数か月ごとに、仏教、キリスト教、イスラム教、
ヒンドゥー教、ユダヤ教・・・と色々な宗教について教わっているらしいのだけど、
息子は「宗教」にそれはそれは興味を持っていて、
お寺へ行っても神社に行ってもモスクに行っても
それはそれは熱心。
c0191625_20463126.jpg

今日も、お賽銭箱の前で、手を合わせてしばらく何やら祈っていた。
宗教に日ごろからあまり縁のない我々夫婦はちょっとびっくり。

 おまけに、「おみくじ」を買いたいと言い出す。
まあ、自分のお小遣いなら、別に反対はしないけど・・・。
c0191625_20535589.jpg

 1回100円なり~。

 ところが、引かれたおみくじをみてびっくり!
「大吉」。
c0191625_20571119.jpg

生まれて初めておみくじを引いて、それが「大吉」。
この子は前から運だけはとてもいい子だった。

 鎌倉には、名所旧跡がたくさんあるのだろうけど、
子供連れなので、退屈しないよう、とりあえず今回は、
鶴岡八幡宮と大仏に絞ることにした。

 鎌倉駅まで戻って、そこから江ノ電に。
単線の4両ほどの短い電車。

 大仏の最寄り駅の長谷まで乗って、そこから徒歩。
お天気が良いせいか、観光客の人がたくさん。

 息子は大仏にびっくり。
c0191625_20522681.jpg

 さらに、大仏の後ろに回って、びっくり!
c0191625_20555411.jpg

 背中が開いてる!

 大仏からの帰り道、土産もの屋さんのようなところに入りたがる息子。
そこでみつけたのが、これ。
c0191625_20595145.jpg
 
「忍者の魂セット」?
なんじゃそりゃ。
 黒いゴムでできた手裏剣のセット。
「欲しい。お小遣いで買いたい。」
まあ、お小遣いなら文句は言えない。
300円なり~。
何も買わない両親を尻目に、かなり散財している息子。

 それにしても、パッケージの「忍者の魂セット」の
「忍者」と「魂」の上にそれぞれ「Ninja」と「Soul」と書いてある。
いったい・・・。

******************
 これから、どうしよっかあ。
突然、このままもと来た道を帰るより、江ノ電で江ノ島までいっちゃおうか、
ということになる。

 江ノ電は、江ノ島の海岸沿いをゆっくり走る。
お天気がよいので、海にはサーファーの人たちが。

 去年亡くなった祖母が入院していた病院の最寄り駅も通る。
ずいぶんと前のことのように感じるなあ。
前回ここに来たとき(祖母がなくなったとき)のことを思い出したりした。

 江ノ島で下車。
c0191625_2154767.jpg
  
 江ノ島も、本当に久しぶり。
確か前回は、姑さんと一緒に来たような・・・
ずいぶんと前のことだなあ。

 江ノ島の方向に、夕日が沈んでとてもきれいだった。
c0191625_2183183.jpg

 遅くなってきてしまったので、江ノ島には途中まで上って、引きかえす。
また、もっと暖かくなったら、江ノ島に遊びにこようね。

 竜宮城のような小田急の「片瀬江ノ島駅」。
c0191625_2110233.jpg

 帰りは疲れて、電車の中でぐっすり。
日帰り小旅行も結構楽しいね。
<今日のプライベート充実度100%>

[PR]
by makikoai2005 | 2012-02-12 20:31 | | Trackback | Comments(4)