<   2011年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

暑い日のトルコランチ

 久々に、か~っと太陽が照って暑かった。
突然、トルコ料理が食べたくなって、ト●カプへ。
一応職場から歩ける距離ではあるのだけど、
今日みたいな暑い日に、20分近く歩いていったのは失敗だった。

 途中、都会のオアシス日比谷公園の中を通っていくことに。
c0191625_0581672.jpg

 時間があったらこんなところでのんびりするのもいいなあ・・・。

 で、やっと着いたト●カプ。
ランチメニューの中のミックスランチを頼んだ。
お昼は結構リーズナブル。
でもボリュームはたっぷりでお昼には多すぎるぐらい。
c0191625_11829.jpg

 やっぱりオフィスビルの地下にあるから、
男性会社員のお腹のサイズに合わせてあるのかなあ・・・。

*****************
 息子は今日から本格的に新学期。
制服を着て、バッグを背負って、夫と一緒に登校した。

 息子の新しいクラスを初めて見た夫は、
「今度のクラスは広々としていて明るくて、すごくいい感じだね。
ボクが通いたいぐらい。」との感想。

 朝、送って行きがてら、担任の先生とも話したりしたらしい。

 息子は早速新しいお友達ができたらしく、
晩御飯の間中、あれこれとその子のことを話していたとか。

 学校にはご両親の転勤で去って行ってしまった子も結構いる。
息子ととても仲の良かったYくんは、韓国へ行ってしまった。
息子の大好きなお転婆なSちゃんも、イギリスに帰ってしまった。
悪がき仲間のGくんは、シンガポールへお引越し。
「YやSやGがいなくて寂しいな。」と言っていたとか。

 「でもね、新しく仲良くなった子はね、Gに似てるの。」とのこと。
 転出していった子が結構いたけれど、クラスの人数がそのままということは、
転入して来た子もかなりいるということ。
Gくんに似ているという子はどこから来たんだろう。

 明日は、保護者説明会だ。
<今日のプライベート充実度50%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-08-31 00:57 | その他 | Trackback | Comments(2)

新学期のオリエンテーション

 息子の学校では新学期のオリエンテーション。
毎年8月の最終月曜日は、こんな感じ

 新しく入ってきた生徒は、9時半から、
前からの生徒は、10時半から12時までの間に30分程度
クラスに寄って新しい担任の先生と会ったり、
自分の棚やカバンをかけるフックの場所を確認したりする。

 午前中、職場から休みをもらって、
10時半ちょうどぐらいに息子と学校へ行ったら、あまり人がいなかった。
みんなもっとのんびり出てくるらしい。
c0191625_174594.jpg

 それでもちらほら見かけるかつての同級生や先生と
「どう?元気だった?」
「夏休みどこか行った?」などと声を掛け合う。
「ちょっと見ないうちに、すごく背が伸びたね。」

 新しい担任のMiss Hは、痩せて華奢な、まだ高校生みたいな風采の先生だった。
(もちろん、そう見えるだけで、ベテランの先生。)
アシスタントの先生Mr. Kは、痩せてひょろっとしていて、
びっくりするぐらい真っ青な目をしたおとなしい感じの人だった。

 1クラス18人でスタート。
Year 2はクラスの名前が「berry」系で統一されているらしい
(Raspberry, Gooseberryとか・・・。)。
息子のクラスは、「Pearlberry」。海草の一種で食べれないのだとか。
(ちなみに、去年はフルーツ、おととしは動物の名前だった。)

 明日からの新学期、今年も楽しく過ごせるといいね。

*****************
 今日は授業はないので、そのまま戻る。
うちの近くまで一緒に戻って、息子は学童へ。

 やれやれ、これから職場に行ったら、お昼の時間だなあ。
最寄り駅の駅前のデパートの地下によって、●樽の茶巾寿司を買う。
なんか今日はそういう気分。

 デパ地下では、「宮城県産品復興特別販売会」というのをやっていた。
水曜日までやっているそうで、つい覗いてしまう。
なつかし~!鐘崎の笹かまぼこ!

 亡くなった祖母のところに遊びに行くと、
よく帰りにお土産といって持たせてくれたっけなあ・・・。
もう、S市に行くこともなくなってしまったなあ・・・。寂しい。

 懐かしさのあまり、つい買ってしまった。
c0191625_1164614.jpg

 かまぼこ工場とかも被災したと聞いていたけれど、
営業再開しているんだなあ・・・。

*********************
 茶巾寿司をもって職場に行くと、
みんな、テレビで民主党代表選を見ていた。
ころころと総理大臣が変わって、慌しいなあ。
<今日のプライベート充実度50%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-08-30 01:06 | Year 2 | Trackback | Comments(0)

夏の終わり

 朝から息子はどたどたとうるさい。
うちよりも広い実家は、パワーが有り余った小学生には格好の場所らしく、
家の中を走り回っている。

 それでもどうにかなだめすかして、午前中、夫が持たせたドリルを解かせる。
あれこれ抵抗していたが、最後にはソファーセットの椅子を2つ向かい合わせにくっつけた
「基地」の中に寝転んで解き始める。
やれやれ・・・。こういう態度じゃねえ・・・。
c0191625_20175620.jpg

 そうこういううちに、お昼の時間。
母は家庭菜園での父の「作品」をどうにか生かそうと、苦心している。
生で食べられるフルーティーなカラーピーマン「ガブリエル」を載せたんだとか。
何となく普通は冷やし中華に載っていないようなものばかり載っている「冷やし中華」。
c0191625_20203733.jpg

 「この品種のピーマン、生でも食べれておいしいわよねえ。
これ、生でも『ガブガブ』食べれますってことで、
『ガブリエル』って命名されたんですって。」
と母は言う。
え~!
それじゃあ、「おやじギャグ」じゃないの・・・。

****************
 午後はごろごろ寝て過ごした。
やっぱり実家はいいよねえ。

 息子は妹と私が子どものころに遊んだ古いレゴを出してきて遊んでいた。
「なに作ってるの?」
c0191625_20254030.jpg

「スポーツカー」
なるほど。そういわれてみれば、それっぽい。
c0191625_20265876.jpg

 明日から新学期だから、遅くならないように帰る。
帰りに近所のスーパーで、新しい上履きと、レインコートを買った。

 明日は朝から新クラスでオリエンテーション。
午前中に1時間ばかりなのだけど、新しいクラスに連れて行かなければならない。
その後は、学童に連れて行かなければ・・・。
 実は困ったタイミングで明日の午前中は仕事でちょっと色々ありそうなのだけど、
夫は絶対に仕事を休めないというし、仕方がない・・・。
事情を話すと、同僚も上司も快く引き受けてくれた。
理解のある人たちに囲まれて、まったくありがたいことだ。

 でも、やっぱり気になるなあ・・・。
私がいなくても、大丈夫なんだろうけど、気になるのが「勤め人の性」かねえ。
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-08-28 20:17 | 家族 | Trackback | Comments(0)

夏休み最後の週末

 はやいもので、来週から新学期。
息子はかねてから同じ沿線にある実家の母のところに泊まりに行きたがっていた。
今週末は父も隠居所から戻って来ているし、
ちょうどいいので泊まりに行くことに。

 父の隠居所では今年もたくさんトマトが採れて、
瓶詰めを作ったそうで、うちにも12瓶ほどくれた
トマトソースの瓶詰めは結構重宝する。
c0191625_19414153.jpg


 息子はバレエのレッスンで、先生に
「今日ね、これからおばあちゃんのところに泊まりに行くの。」と説明している。
子どもって、なんでもかんでも周りの人に自分の予定を話して聞かせる癖がある。

 20歳ちょっとの若いM先生は、
「そうなんだあ。いいねえ。私もちっちゃいころおばあちゃんのところに泊まりにって行ってたなあ。
金曜日の夜から行って週末丸々泊まってくるの。楽しかった。」と言っていた。

 まあ、誰にでもそういう思い出ってあるのかも。

*********************
 夕方実家について、一緒に夕ご飯を食べる。
息子は、ずっと「おばあちゃんち」に行きたいと騒いでいたので、
興奮気味で、夜になってもなかなか寝ない。

 息子もすっかり大きくなって来てしまって、
一緒の布団で寝るわけにも行かなくなってきた。
結局父が以前私が使っていた部屋で寝ることになり
(父は老人のせいか朝目を覚ますのが早い。
一人で、退屈だから起きたらパソコンをいじれる部屋がいいとのことだった。)、
私の両親の寝室で、息子が母と一緒に寝ることになった。
私はもと妹の部屋だったところを借りる。

 興奮した息子は、大喜びで、ベッドメイキング。
c0191625_19562262.jpg

 暑いので、下着で寝るという。
c0191625_19573935.jpg

 母は息子を寝かしつけようと、子どものころに私が呼んだ本を読み聞かせていた。
「フランチェスコとフランチェスカ」
Bettina Ehrilichという人が書いた本で、挿絵も彼女の作品。
イタリアのミラノ郊外に住む貧しい少年と少女の話。
隣りの部屋から母が息子に読んで聞かせている声を聴いていると
とても懐かしかった。
c0191625_2035466.jpg

 残念なことに、この私の思い出の本は、既に絶版になっていた。
こんないい本なのになあ。
ちょっと残念。

 ただ、今から読み返してみると、
主人公のフランチェスコは貧しくて靴が買ってもらえなくて、はだしで生活している。
ある日、大きな町から帰ってきた大きい兄さんが、自分のお古の靴をくれる。
ミラノの郊外で、はだし???
イタリアって昔は結構貧しかったってことなのかな。

 妹の部屋で寝たのは本当に久しぶりだった。
思えば、今から15年ぐらい前まで妹が使っていて、
その後は、祖母が泊まりに来た時に、祖母が使っていたっけ。
その祖母も、ゴールデンウィークに亡くなった

 父と母がこの家を建ててから30年。
世代が少しずつかわっていっているんだなあ、としみじみ思った。
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-08-27 22:37 | 家族 | Trackback | Comments(0)

スケジュール帳

  ネットで注文していたスケジュール帳が届いた。

 ここのところ毎年同じタイプのスケジュール帳を使っている。
以前は長いこといわゆる「システム手帳」を使っていたが、
毎日持って歩くにはバッグの中で場所をとりすぎ、しかも重い。
毎年紙を入れ替えると、古い紙はばらばらで整理に困る
(まあ、捨てればいいんだろうけど。)。

 数年前に、たまたまムーミン・グッズを専門に取り扱っているお店をネットで見つけて、
注文したのが始まり。
以来、毎年、このタイプのスケジュール帳を使っている。
c0191625_0555977.jpg

 サイズは旅券と同じサイズ。
薄手で、持ち運びに便利。
案外と書き込むスペースもたくさんあって、
予定がたくさんある日でも、書ききれないということはないし。
c0191625_058556.jpg

 スケジュール帳なぜか9月から始まっていて、
次の年の3月分まである。
気づけば8月もあと1週間だなあ。
息子の夏休みももうすぐ終わりかあ・・・。

*****************
 夏休みの間、学校がないので、息子は毎日朝から学童に通っている。
一日中同じ仲間と顔を合わせていれば、それなりにトラブルもあるらしい。

 今日もちょっとした小競り合いで、
体の大きい息子が、2年生の男の子を押したら、
その子が吹っ飛ばされてしまって、
くやしかったのか、息子の脚を噛んだとか・・・。

 夕方迎えに行った母に先生から説明があったのだとか。
やれやれ。
押すとか、噛まれるとか、さながら「動物園」だなあ・・・。
そんな子達を一日中見ていなければならない先生には本当に申し訳ない・・・。

 「学校早く始まらないかなあ。ぼくはやく学校行きたい。」ですと。
<今日のプライベート充実度50%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-08-25 01:52 | 買い物 | Trackback | Comments(2)

姪っ子Mちゃんもうすぐ4か月

 妹のSちゃんからメール。
久しぶりだなあ・・・。

 姪っ子のMちゃんはもう直ぐ4か月になるとのこと。
はやいものだ。

 で、最近は音の出る動くおもちゃに興味を持ってきているのだとか。
c0191625_1185681.jpg

うちの息子にもそんなときがあったっけ。懐かしい・・・。

*******************
 今日は、朝いつもより1時間早く出なければならなかった。
そして夜は思いがけず遅くなってしまい。
まったく、まだ火曜日なのに・・・。

 で、家に戻ってみると、テーブルの上に緑の折り紙が2つ折になっているものが
転がっていた。
c0191625_1243597.jpg

 開いてみると、なんじゃこりゃ!
c0191625_1254615.jpg

「●●(息子のフルネーム)さま用コンピューターDS?」
(気になるのは、「コ」の右肩にマルがついていて、
「ピュ」であるべきなのに「ヒュ」になっている・・・。)

 よくみると、なるほど、DSっぽい!
誰が作ったんだろう。おそらく学童で作って持って帰ってきたんだろうなあ。
<今日のプライベート充実度50%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-08-24 00:56 | 家族 | Trackback | Comments(0)

Cars 2

 今日はお盆休みでピアノのレッスンはお休み。
のんびりと昼過ぎまで寝ていて、
午後からバレエのレッスンへ。

 昨日からの雨のおかげで気温が落ちて、涼しくてすごしやすい。
ここ数日、亜熱帯かと思うような天候が続いていたので、ありがたい。

 バレエのレッスンに行ったら生徒が誰も来ていなくて
先生たちが手持ち無沙汰に待っていた。
女の子たちは、昨日の夜、バレエ団の公演にエキストラで出演したので
夜遅くなってしまったらしく、見事に全員お休み。

 図らずも、先生1人にピアニストの先生の伴奏つきの
信じられないほど贅沢なプライベートレッスンに!
c0191625_23262246.jpg

 先生はさすがプロだけある。
生徒が一人でも、まったく手を抜かないで、所定の1時間のレッスン時間をオーバーして
あれこれ指導してくれる。
ん~。こりゃあ、家でも復習させないとね。

 「腹筋、背筋は毎日練習するって約束して。もっとパワフルにならないと!」
と先生は、レッスンの終わりに言っていた。
そうだね。やっぱり毎日ちょっとずつ努力しないとね。

*****************
 夕方、渋谷で夫と待ち合わせ。
映画を見に行く計画。
映画館で映画なんて本当に久しぶりだなあ。
息子と映画に行ったのは、おととし夫が出張していた間に行った「カールじいさん」以来

 最近は便利になってネットで予約すると席の指定までできる。
ぎりぎりの時間に行っても、余裕。

 今日見たのはディズニーの「Cars 2」。
3D。字幕版。
c0191625_23484550.jpg

息子は、代興奮。
ポップコーンとジュースを買って、席へ。
c0191625_23325126.jpg

 「Cars 2」は、カーレースのアニメ。今回は、レースの舞台の一つが東京になっていて、
自動トイレとか、わさびをピスタチオ・アイスクリームと間違えてしまうところとか、
大笑いした。それなりに日本のことを知っている人がスタッフにいたのかな、という感じ。

 スパイ・アクション仕立てでた単純に面白かった。
ただ、ディズニーアニメで、「怖い」とか途中で行っている息子って、
やっぱりかなり意気地なしなんじゃないだろうか・・・。
観る前には「え~。Cars?トランスフォーマーがいい。」とか言ってたけど、
Carsにして正解。
先日、トランスフォーマーをDくんと観にいったDくんのおばあちゃんは
かなりバイオレンス・シーンっぽいところもあって、
途中で気分が悪くなってしまったのだとか。

 まあ、最終的には、大満足したらしく、
「楽しかった!」と帰ってきた。
c0191625_23411898.jpg

 それにしても、映画って高いなあ。
気軽に行ける娯楽じゃないよねえ。
やっぱり家でDVDかなあ・・・。
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-08-20 23:25 | 本・DVD・映画 | Trackback | Comments(2)

お色気ビアガーデン

 職場で真向かいの席に座っているWさんが、
Wさんの前任者のSさんと、
かれこれ3年ぐらい私の隣の席に座っているMさんと4人で、
どこかに飲みに出かけようと言う。

 Sさんなんて久しぶり!
異動していってしまってから、1年ぐらい会っていなかった。
「最近、どうされてるんですか?元気?」
「元気!元気!ぜひ飲みたいと言ってましたよ。」

 ということで、Wさんが幹事になって、E●isu Barで飲もうということに。
ところが、ひょんなことから、
夏季限定のお色気系ビヤガーデン「Bカーニバル」の話題になり、
悪乗りしたSさんが「ぜひBでやりましょうよ!」と言い出す。

 Bは毎年夏になると、企画されるビヤガーデンで
アメリカ系ビール会社BのビールをB社のコスチューム(超ミニ)を着たお姉さんが
サーブしてくれる。
お店のHPからとったイメージ写真はこんな感じ↓↓↓
c0191625_23555591.jpg

 「Bは周りがすごくうるさいし、
ちょっと飲んでから2軒目に行くぐらいがちょうどいいんですよね。」とWさんが言う。
で、まずは新橋のガード下のE●isu Barでビールの立ち飲みをすることに。

 職場の近くでSさんと待ち合わせ。
ん~。お久しぶり。
今の職場は、性に合っていて、
私たちと一緒に仕事をしていたころよりだいぶ時間的にも余裕があるとのことだった。
とっても元気そう。

 そこから徒歩で、E●isu Barまで。
木曜日なのに暑いせいかビールを飲む人でとても混んでいた。
あれこれ昔の仲間の近況や、最近職場であった人事異動とかについておしゃべり。
このあたりでは、まだ比較的まじめな話をしている。

********************
 そこからいよいよBへ移動。
冬は居酒屋さんになっているところが、夏季だけビヤガーデンになっている。
うわさのセクシーな格好をしたお姉さんたちもいるいる。
ただ、疲れている感じで、みんなあまり愛想は良くない。
それでも、やっぱり男の人って単純だなあ。
一緒に行った仲間も、ビヤガーデンにいた他の男性客も、嬉しそうにしている。

 とりあえず、またビールを注文。
ここの食べ物は、「実演つき」とかで、
例えば、「モミモミシーザーサラダ」とかいう名前のメニューを頼むと、
普通のシーザーサラダと、紙袋に入ったポテトチップスを運んできたお姉さんが、
テーブルの前で、その紙袋を「モミモミ」とか言いながら揉んで、
粉々になったポテトチップスをサラダの上にかける。
ん~、しょうもない「実演」だなあ。

 それからやたらと、男性客の額に、お姉さんがバンドエイドを貼ってくれる
サービスも。
なんか、この間行ったお色気系ファーストフード「フー●ーズ」に比べて、
性もない度がかなり高い感じ。

 それでも、お酒も入って、4人でがはがはと盛り上がる。
Sさんは、職場でも堂々と奥さん自慢話をする有名な「愛妻家」だけれど、
「うちの奥さん、シンディー・ローパーと黒木瞳を足して2で割った感じ。
すごいかわいい。」とのろけている。
8歳年上の奥さんとは学生のときから交際して結婚したそうで、
お子さんがいないこともあって、今でもラブラブなんだそうな。
それにしても、シンディー・ローパーと黒木瞳ってまるで正反対のタイプだけど・・・。
       c0191625_014557.jpgc0191625_0151713.jpg


 ま、おそらく、「年をとってもどこかかわいらしい」っていうことかなあ。





 それに対して、Wさんは、こと奥さんのことになると、めちゃめちゃ言う。
「はっきり言って結婚失敗した。だまされた。」と公言している。
具体的にどんな奥さんなのか、本人の口から何の説明もないし、
奥さんを知っている人もいないので、謎。

 「そもそも結婚なんて制度自体が、『規制』にすぎないんですよ。
もっと自由に生きたい。」などと、いつもの持論を展開。
かといって、女性関係にだらしのない人なのかと言うと、まったくその逆で、
どちらかというと堅物な感じ。
明日からは、1週間その奥さんとパリで夏休みなのだとか。

 ある意味両極端なSさんとWさんと横目に、40近くなって独身のMさん。
「かわいらしくて、ちょっと気が強いタイプが好きなんですよねえ。」などと
夢見がちなことを言っている。
「じゃあ、例えば、●●さんみたいな感じですか~?」と職場の女性の名前を挙げてみると
「ん~。ああいう怖い感じのタイプじゃないんですよねえ。」などと言っている。
あなたがおっしゃっているような「夢の女の子」なんていませんよ~と思ってしまった・・・。

 こんな男性陣3人と、ミニスカートのお姉さんの脚を眺めつつ、
がはがはと大笑いしながらビールを飲んで、楽しく過ごした。
私もある意味、おやじ化してるなあ・・・。
c0191625_026179.jpg

 また一緒に飲みましょうね、と上機嫌でわかれた。
本当に、また一緒に飲みたい。
c0191625_0274752.jpg

<今日のプライベート充実度70%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-08-18 23:54 | 友達 | Trackback | Comments(2)

熱帯夜のMagic Tree House

 ここのところ本当に暑い。
夜になってもまったく涼しくならない。文字通り熱帯夜。

 夫は、「日本に来てからこんなに暑い日が続いたことなかったんじゃない?」という。
確かに、戻ってきて7年たったが、こんなに暑かったことはなかったかも・・・。

 今年は春先まで寒い日が多かったから、早く夏にならないかな~などと
そのときは思っていたけど、今年は暑さがとても厳しい。

*****************
 先日、ちょうど我々が長野に夏休みに行っていた間に
以前うちの課にいたYちゃんが休暇で帰ってきていたらしい。
机の上に、こんなお土産が。
c0191625_113612.jpg

 Sables au The と書いてある。紅茶のサブレ?
以前、同じ会社の紅茶をもらったこともあった。
早速、おいしくいただくことにしよう!

 最近息子がよく読んでいるシリーズ「Magic Tree House」。
アメリカの児童文学作家の本らしい。
森の中で木の上の小屋にJackと妹のAnnieと一緒に入るのだけど、
その小屋は実は魔法の小屋で、いろいろなところに2人を連れて行くのだ。
恐竜のいる時代とか、騎士のいる時代、ミイラ、ニンジャ、アマゾン、月などなど。
毎回いかにも子どもが喜びそうなテーマへ。
c0191625_111711.jpg

 シリーズの本はとてもたくさん出ていて、学校の図書館から借りてきたもの、
夫が買ってきたもの、Sちゃんから誕生日プレゼントにもらったもの等々。

 ところがこのシーリーズ、日本語にも翻訳されていて、
日本でも結構人気があるらしい。
先日たまたま、ネットのニュースで、このシリーズが映画化されたとかいうのを読んだ。

 日本語版のシリーズでは、オリジナルの挿絵とは違って、
アニメみたいな別の挿絵がついている。
c0191625_1183954.jpg

個人的にはオリジナルの挿絵の方が好きだけど。

 ハリーポッターもそうだけど、児童文学のファンタジーって
やっぱり人気があるんだなあ。

 ファンタジーといえば、
Philippa Pearceの「Tom's Midnight Garden」とか、
E. L. Konigsburgの
「From the Mixed-up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler」とか、
古いところだと、P. L. TraversのMary Poppinsのシリーズとか。
懐かしい。

 息子にも、図鑑とか子ども百科事典とかじゃなくて、
こういうのたくさん読んで欲しいなあ・・・。
<今日のプライベート充実度50%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-08-18 00:57 | 本・DVD・映画 | Trackback | Comments(0)

ミニバスケ

 学校のお友達のDくんのママから、
Mくんも一緒にどこかで遊ぼうとお誘い。
3人は同じクラスでとても仲が良かった。
残念ながら9月からはクラスがばらばら。

 でも、これからもちょくちょく遊ぼうね。

 で、Mくんのママが屋内で遊べるところを色々調べてくれたらしく、
「こどもの城」の体育館でミニバスケがあるとのこと。

 スポーツのコーチが何人もいて(多分ボランティアの人たち)、
1時間ぐらい遊ばせてくれるらしい。

 まずは、持参したお昼をこどもの城の休憩スペースで食べて、腹ごしらえ。
このあたりから子どもたちはテンションが上がり気味。
c0191625_23223144.jpg

 ミニバスケは、こどもの城の入場料(大人500円、子ども400円)がかかるだけで、
参加費はタダ。道具も要らない。
予約もなし。時間になったら体育館に行くだけでいい。

 2時から始まる予定で、それまでの間は、自由にフリースビーで遊べる。
それからやおら、コーチと思われる大人が4人ぐらい、みんなをコートの真ん中に集める。
c0191625_2325533.jpg

 参加者の子どもたちは、小学校低学年から結構大きい子もいる。
まずは、コーチがドリブルとか、パスとか基本的なことを教えてくれる。
結構きちんと教えてくれていてびっくり。

 その後、大体の年齢に合わせて6チームに分かれて、小さい試合まで!
c0191625_23281194.jpg

 色の着いたゼッケンをつけて、相手と味方が分かるようになっている。

 うちの息子はスポーツはあまり期待できないなあと思っていたので、
果たしてバスケットボールなんてできるの?とちょっと心配。

 ところが、なんと、親の私もびっくりするほどの積極性を見せて、
ボールに文字どおり食いついていっているので、唖然。
c0191625_23302822.jpg

 もしかして、単に背が高いだけじゃなかった?
ん~、これは意外なことじゃ。

 1時間丸々、走り回って、3人とも大汗をかいていた。
スポーツの後は、休憩コーナーで持ってきたおやつを交換。
c0191625_23321783.jpg

きゃーきゃーきーきー賑やか。
まあ、こどもの城だから、ちょっとぐらいはしゃいでも、周りに気兼ねしなくてよくて安心。

 その後は、上の階の遊具が置いてあるところへ。
そこで子どもたちがはまってしまったのは、以前お友達のお誕生会でも
大人気だった、サッカーゲーム版


 サッカー選手の形をした人形がついた棒をぐるぐる回して
木でできたボールをキックさせて、相手のゴール(穴)に入れる例のゲーム。
こういうプリミティブなゲームって、案外子ども好きなんだよね。

 もちろん、順番を待つ列に並ばなきゃいけない。
3人は、順番を待っている間も、遊んでいる親子連れのゲーム版に
かじりついて「観戦」。
ワーワーうるさいサポーターに、お姉ちゃんと弟の兄弟と一緒に
遊んでいたお母さんも、びっくりしていた。
c0191625_23381531.jpg

 しばらく待って、やっと彼らの順番が。
それはそれはエキサイトして、遊んでいた。
途中で、近くにやりたそうにしてみていた男の子も加えて、
ちょうど2対2の対戦。
c0191625_23403777.jpg

 そんなに面白いかねえ、と思うほど、大盛り上がりだった。

****************
 夕方、また、来学期からも、ときどき遊ぼうね、と約束して分かれる。

 そこから電車で、M区の図書館とホールが一緒になった複合施設へ。
息子のバレエスクールの卒業生が中心にやっているバレエ団の公演。
息子の先生とかも出演されるので、途中でお花を買って、出かける。
c0191625_2344640.jpg

 そういえば、去年はここのホールで発表会があったね
今年の発表会は冬に「くるみ割り人形」らしい。

 終わった後で、楽屋で先生に花束(息子が選んだ真っ赤なバラ・・・。
ガーベラを勧めたのだけど、バラがいいと主張する息子。将来がちょっとだけ心配。)
を渡して、家路に。
c0191625_23454172.jpg

 やれやれ盛りだくさんな一日だったね。
また明日から一週間が始まる・・・。
<今日のプライベート充実度100%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-08-14 23:20 | 友達 | Trackback | Comments(2)