<   2011年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

転勤の季節

 うちの職場は、なぜか夏も転勤が多い季節。
c0191625_2313943.jpg

 昨日と今日、一緒にお昼を食べに行った人たちは、
それぞれ近く転勤になるという人たちだった。
一人はシドニーで、もう一人はニューヨークだとか。
いいなあ。

 話を聞いていると、転勤は転勤で楽しそうだなあ、と思った。
ただ、5年以上日本に住んでいたわけなので、引越し荷物をまとめたり、
いらないのもを処分したり、その他、色々な手続だのなんだので 
てんてこまいとのことだった。

 まあ、私はだいぶ先のことだろうけど、
やっぱり日ごろから身軽に生活しているに限るなあとつくづく。

 親しい人たちが、遠くに言ってしまうのは、それなりに寂しい。
<今日のプライベート充実度30%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-06-29 23:04 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

Japanese Day

 息子の学校では、年に1回のJapanese Dayの催し物が
あった。
c0191625_146811.jpg

 先生も生徒も、日本をテーマにしたコスチュームを着てこなくてはならない。
息子は、去年に続いて甚平。ただ、今年は普通の甚平。
脱ぎ着が楽だし、手軽。
中にはかなり凝った衣装の子も。

 一日中、日本をテーマにしたイベントがあったらしい。
学校の入り口のところも、飲み屋さんの入り口か何かみたいになっていた。
c0191625_1472174.jpg

 残念ながら、私は参加できなかったが、
保護者の中には色々な催し物を手伝ったり(はたまた企画したり)、
した人たちも。

 後で、同級生Dくんのママが、写真を送ってくれた。
どうやら、書道をやったのか?
c0191625_1492587.jpg

 今日は、お弁当持参じゃなくよい日で、
その代わり、みんな分担して持ち寄った軽食でパーティー。
c0191625_152082.jpg

 うちは、さくらんぼを持っていく係だった。
偶然昨日母から佐藤錦をもらったが、それはうちでおいしくいただくことにして、
あらかじめ買っておいたアメリカンチェリーを持っていった。ひっひっひ・・・。)

 後で聞いたら、会場で焼きそばや焼きおにぎりを作ったお母さんたちもいたそうだ。

 もうすぐ今学期も終わりだね。
あっという間のYear 1だったね。
<今日のプライベート充実度60%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-06-28 01:45 | Year 1 | Trackback | Comments(2)

B大学同窓会でB級映画鑑賞会

 B大学同窓会の6月の会合は、
みんなでトルコのB級SF映画鑑賞をしようということになった。

 目黒の駅にみんなで集合。
駅前の東●ストアで飲んだり食べたりするものを買い込む。
総勢約10人。

 そこから、白金台の方面に徒歩で15分ばかり。
閑静な住宅街の中に、忽然と現れた古い2階建ての一軒屋。
「Tokyo Hacker Space」という名前とは、ちょっとイメージのちがう民家。

 一階の部屋はレンタルスペースになっているのだとか。
c0191625_204415100.jpg

 一軒家の台所には冷蔵庫もあれば、食器もそろっている。
自由に使っていいのだとか。
レンタルスペースというよりは、誰かの家に遊びに来た感じ。
さっそく、買ってきた食べ物を出す。
Fさんは、ほうれん草入りのボレッキまで作ってきていた!

 部屋にはスクリーンが取り付けてあって、プロジェクターでDVDを写して観れる。
コンピューターに向かうTさん。
Tさんは、イスタンブルのS大学からの留学生で、
都内の工学系国立大学の博士課程の学生さん。
このスペースのメンバーでもあるTさんのおかげで、今回の会場がここになった。
 
 みんな席について、わくわく。
c0191625_20483155.jpg

 今回観ることになっていたのは、トルコ人なら誰でも知っている
80年代に製作されたB級SF映画「Dünyayı Kurtaran Adam(世界を救う男)」。
c0191625_2050392.jpg

名前もベタだが、内容もこれ以上無いほどベタベタ。
ストーリーは説明するのも馬鹿馬鹿しいほどのナンセンスなもの。
地球戦士の主人公と親友の2人組が、
人間の脳を欲しがっている宇宙人(悪者)と戦うというもの。
なぜか、空手技(素手)で戦うシーンがほとんど。

 ロケは、カッパドキアでしたことが明白
(宇宙の別の惑星ということになっているのだけど。)。

 なにしろ、ストーリーがナンセンス。
くさいせりふの連発。
音楽は「インディー・ジョーンズ」等のものをそのまま勝手に拝借(いいのか?)。
Star Warsから影響を受けたことが見え見え。
安っぽいセットや衣装、小道具。
何をとっても、B級どころか、C級、D級なのだ。
初期のころのウルトラマンを思わせるような、セットや特殊撮影。

 みんなで笑い転げた。
c0191625_20545726.jpg

 せりふを覚えてしまっている人もいて、
一緒に言ったり。
c0191625_20571656.jpg

 ウルトラマンに出てくる悪者も顔負けの、個性的な悪役たち。
「トイレットペーパーの無駄使いだあ。」と誰かが言うようなミイラっぽい悪者。
ガチャピンとムックのムックみたいな赤い着ぐるみの悪者。
なんか安っぽくてねえ。

 息子は、途中で主人公の動作にあわせてキックやパンチの連発をしていたと思ったら、
「こわいよ~。」と涙したり、言葉がわからなくても、十分意味が通じてしまう明白な
ストーリー展開。

 やれやれ、久しぶりにナンセンスなものをみて、ちょっとだけ疲れた。

 レンタル・スペースは、5時までの3時間のレンタルの約束だったので、
後片付けをして、帰ることに。
帰りに、みんなで目黒の駅前でお茶をして、1時間後に解散。

 来月の会合は、この秋からアメリカの大学の大学院に留学するTOさんの送別会かな。

*********************
 帰りに、最寄り駅でばったり母に会った。
山形の親戚の人から送られてきたという佐藤錦を届けにきてくれたのだとか。
「ドアのところにかけておいたから。」とのこと。
あらかじめ電話してくれたらよかったのに・・・。
c0191625_2142985.jpg

さくらんぼは、いつもうちでスーパーから買ってくるものとは比べ物にもならないほど、
見かけも味も素晴らしかった!
進物用なのは明らか。
ん~、こんなおいしいさくらんぼがあるんだね、世の中には。
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-06-26 20:43 | 催し物 | Trackback | Comments(0)

今学期最後のお誕生会

 このところ息子のクラスメイトのお誕生会が続いていたが、
おそらく今学年はこれで最後。

 メキシコ人のママとイギリス人のパパのいるJくんのお誕生会。
場所は、都内の会員制クラブ。
おそらく、Jくんのパパの会社が法人会員になっているのだろう。
最近建替工事が終わって、リニューアルしたクラブ。

 プレゼントをもって朝から出かけた。
ところが、間抜けなことに、肝心のプレゼントを家に忘れたことに駅までいってから気づく。
大急ぎで取りに戻って、また駅へ。
土曜日なのでバスの本数も少なく、かなり待つことに。
「なんか今日アンラッキーだよ。」と息子が言う。
忘れ物したのは自分のせいなわけだから、それを「アンラッキー」っていうのは
なんか違うんじゃないの?と思わず指摘してしまった。

 やっとこさ10分ほど遅刻して会場に着くと、
そこはやはり会員制だけあって、
メンバーズカードがないとドアが開かないようになっている。
周りには人がぜんぜんいないし、困ったなあ・・・。
ちゃんと時間どおりに来れば、Jくんの両親が入り口で待っていてくれたんだろうに・・・。
やれやれ。
「ママ~、やっぱり今日、アンラッキー・デーだよ。」と息子がぶつぶつ言う。

 その後、無事、ちょうど通りかかったセキュリティーの人に入れてもらう。
まったく・・・。

 まずは子どもたちは、クラブの建物の屋上で、ドッジボール。
c0191625_23141052.jpg

直射日光が強くて、直ぐに建物の中へ移動。

 その後は、ボーリングをしながらお誕生会という趣向だった。
息子はもちろんボーリングなんて初めて。
子どものゲームだから、玉が脇の溝に落ちないように、柵が取り付けてあって、
投げればとりあえずはピンに当たるようになっていた。
c0191625_23164357.jpg

 同じ会場には、こんななつかしのゲームも。
c0191625_23182151.jpg

 棒の先についたプレーヤーを動かしながら、ゴールに玉を入れさせる
ホッケーのゲーム。
よく、温泉旅館とかにおいてある、あれ。

 ところが、うちの息子、このゲームに異様な才能を発揮!
もちろん、今日が初めてなのに、次々得点。
(ボーリングではいまいちだったのに・・・。)

 で、気づくと、4人対1人ぐらいになっても、どんどん点を入れている。
c0191625_23284151.jpg

 なんだかなあ・・・。
できれば、こんなゲームじゃなっくて、本当のサッカーとかボーリングとかで
活躍して欲しい。
親としては複雑・・・。

 その後は、ちょっとした軽食タイム。
c0191625_23305838.jpg

 もちろん、ケーキを囲んで、お誕生日の歌を歌ったりもした。
c0191625_23323643.jpg

 チョコレートケーキは、スポンジの部分よりクリームの部分の方が多いような
ケーキだったけど、お味はまずまず。
 2時間ほどで解散。

 帰り道、突然息子のズボンのゴムが切れて、
ずるずる下がってきてしまうという事件が。
「なんか脱げそうだよ~。」という息子をなだめて、
ゴムを通しなおすために近くの店でピンを買う。
「ママ~。やっぱり今日、アンラッキー・デーだよお。」という息子。
「そんなこと言っちゃ駄目。そんなことない!
Jのお誕生会で遊んでいたときズボンがずり落ちてこなかったんだから、
ラッキーだったと思わなきゃ!」と思わず言ってしまった。
「そうだね。」と力なく言う息子。

 そのあと、バレエ、ピアノとお稽古事をこなして、夜になってから帰宅。
やれやれ、忙しい一日だった。
<今日のプライベート充実度70%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-06-25 23:09 | 催し物 | Trackback | Comments(0)

保護者面談

 息子の学校で保護者面談があった。
一人10分ずつということなのだけど、実際は20分ぐらいは時間がある。

 夫と学校で待ち合わせることになり、
1時間休暇をもらって学校へ。
とにかく暑い。
途中で夫に電話すると「仕事が終わらなくて今やっと職場を出たとこ。
先に始めてて。」とのこと。

 やれやれ。
我が家では夫の方が息子の教育に私よりずっと熱心なので、
私は脇でふんふんと聞いていればよいのだけど、
その夫が来れないとなると、はて、先生と何を話せばいいのやら・・・。
c0191625_001953.jpg

 学校の中は、来週の月曜日にある「Japanese Day」のために
「和風」の飾り付けがしてあった。
入り口には大きな笹がかざってあって、無数の短冊がぶら下がっている。
天上には膨らませた紙風船。

 先生は教室で待っていて、
「ご主人は?」
「ちょっと遅れちゃってるみたいなんです。先に始めていただくように言ってました。」
「後ろの時間が割合と空いてるので、もうちょっとだったら待てますよ。」
と先生が言ってくれたが、結局始めていることに。

 先週、詳細な通信簿をもらってきたばかりなので、
これといって先生に質問したいことがあるわけではなくて、どうしよう、と思っていたら、
先生のほうから、あれこれ話し始めたので、ちょっとほっとした。

 特段問題もなく、毎日学校で楽しそうに過ごしているとのことだった。
よかった。

 午後から通っている学童では、学年が上の子とトラブルもあったみたいだったので
学校でのお友達関係とかについて聞いてみたが、
「クラスメイトとも仲良くやっていて、2年生や3年生のお友達も多いみたいだし、
特に問題は見受けられません。」とのことだった。
よかった。

 と、そこへ、夫が汗をふきふき登場。
5分ばかり、あれこれ質問をしていた。
「夏休みにはどうやって過ごさせればいいですか。」等々。
やれやれ・・・。

 先生は、そんな夫を見越してか、用意してあったらしく、
「これ、よかったらやってみるように話してみてください。」と
算数のクイズみたいなものをプリントアウトした束をくれた。
ん~。ちょっとややこしそうだなあ。

 夫は大喜び。
先生はそんな夫の性格をすっかり読んでいる。さすが。

 「K(息子)は、特に算数が大好きみたいだから、Year2の先生への
申し送りにも、その辺を良く書き込んでおきますね。」と言っていた。
なるほど、次の学年の先生への申し送りっていうのがあるのね。

******************
 その後夫は、息子を迎えに。
私は職場に戻った。
暑くて仕事をする気が失せる。
定時以降は、冷房が止められてしまうので、窓を全開にして、
ばたばたあおぎながらパソコンに向かう。
本当に、効率が落ちるなあ・・・。

 今年の夏は、本当に暑い夏になりそう。
<今日のプライベート充実度70%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-06-23 23:59 | Year 1 | Trackback | Comments(0)

あぢぢぢぢ~

 今日は、朝から暑い日になると天気予報で言っていたが、
確かに暑かった。

 夜になって、家に帰っても暑い。
と、家にあった温度計をみてみると・・・。
c0191625_23534030.jpg

 わ~!
この時間でも30度を超えている!

 この週末は、エアコンのフィルターを掃除したほうがよさそうだな。
 
 今日は冷たいシャワーを浴びて寝ることにしよう・・・。

****************
 去年に続いて、職場の組合が夏の間契約しているリゾート宿泊施設に
応募してみた

抽選は昨日だったらしいのだけど、なんと、今年もうまい具合に当たった!

 それなりに、ウィークデーを狙ったり、お盆の時期をはずしたり、
当たるように工夫したつもり。

 場所は長野県。
わ~い!

 まだ1か月以上先なのだけど、ぼちぼち計画をたてよ~っと。
夫も息子も長野には行ったことがないので、よさそう。
善光寺さんとかめぐるんですかねえ・・・。
<今日のプライベート充実度30%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-06-22 23:52 | その他 | Trackback | Comments(2)

白金台の古本屋さん

 息子の学校では、子どもたちに1、2日に1冊の割合で
学校から本を持ち帰らせ、毎日家で読んでくるという宿題がある。
おかげで、我々親はほとんど面倒をみていないが、
いつのまにか、息子はかなりの量の本を読むようになった。

 問題は、夏休みの間の2か月間、学校がお休みの間、
英語の本を借りてくるところがない、ということ。
かといって、英語の本は高くて、そんなの何冊も買えるものじゃないし・・・。
市の図書館は日本語の本を借りるのにはいいのだけど、
英語の本となるとほとんどないし。

 今日、うちに帰ると、大量の子供向けの本が!

c0191625_23473810.jpg

「わ~!これどうしたの!」
「へっへっへ~、買ったんだよ。」
Star Warsのような軽い読み物から、図鑑、物語、ノンフィクションの本まで、
大小合わせて21冊。
「重くて肩が抜けると思った。」とのこと。

 白金台のBook Of●で買ったのだとか。
「白金台のようなところには外国人がたくさん住んでいるから、
英語の本の在庫が充実してるんだよ~。」とのこと。
しかも、1冊100円とか200円とかお手ごろ価格。
そんなことどこで聞いてきたんだか。

 日本人の私が知らないような、へんな情報を夫は結構知っていたりする。

 「これで、夏休み中、退屈しないですむよ。」
やれやれ、教育パパのおかげで、せいで、
夏休みもたっぷり本を読むことになる息子。
<今日のプライベート充実度50%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-06-20 23:45 | 本・DVD・映画 | Trackback | Comments(4)

Karate Kid

 朝から待ちに待った、空手。
息子は、大喜びで夫と出かけていった。

 今日も朝から2時間。
先週と同じ、女性の先生が教えてくれる。

 なんと、小学5年生で既に黒帯の子が!
聞いてみると2歳からやっているとかで、2段なのだとか。
え~!!!

 息子はすっかりその気。
でもねえ、2歳からやってるってことは、既に10年ぐらい習ってるってことだよ。
帯の色ね。なるほど、こういう仕組みで、続けさせるようになってるわけね。
ふむふむ。
c0191625_2148590.jpg

 10月の大会の参加申込書が配られた。7月末までに申し込みだとか。
でも、10月にどうなっているか分からないのに、申し込めって言われてもねえ・・・。

**********************
 夕方、昨日から水につけてあったえんどう豆で煮込みを作る。
かなり時間がかかった割りには(3時間ぐらい煮込んだ)、ちょっといまいち。
夫は、ぶーぶー、「豆が固い」だの「肉が塊じゃない」だの「甘すぎる」だの
かなり不評。

 そりゃあ、豆だって肉だってトルコのとは違うんだろうし、
一応、レシピ(トルコから買ってきた本)のとおりに作ったんだけどねえ・・・。

 挙句の果てに、
「何年トルコに住んでたんだ。」だの、
Aさんの奥さんは、うまく作れるのに。」だとか言われて、カチンと来た。
で、大人気なく夫婦喧嘩。

 ま、これに懲りて、二度とトルコ料理を作るのはやめようと思った。
所詮、なーんちゃって主婦の私には無理なのよ。

*****************
 明日からまた仕事だなあ。
しかも、また研修の講師。
<今日のプライベート充実度50%>


[PR]
by makikoai2005 | 2011-06-19 21:45 | 習い事 | Trackback | Comments(4)

夏休みが待ち遠しいね

 朝から雨。
まあ、梅雨だからしかたがない。
長靴を履いて、傘を差して、ピアノの先生のところへ。

 先生のお宅のアジサイは、今年もとてもきれい
思わず携帯を取り出して写真を撮ってしまった。
c0191625_20351547.jpg

 実物は、もっともっときれいなのだけど。

 午後からバレエのレッスンに行くと、
新しく、若いロシア人の男の先生が来ていた。

 結構英語も話せるみたい。
息子は、「あれ~。男の先生だ!」とびっくりしていた。
おそらく30代?
グレーのスウェットスーツを着ていたけれど、
だらだら汗を流しながら、ご自身も踊って見せている。
ん~、素敵。 

 レッスンの内容も、若い男性の先生のせいか、テンポも速く、
楽しい内容。
筋肉を鍛える感じの練習(腹筋とか)、ジャンプの練習が多い感じで、
こういうのもいいなあと思った。
 フォームはきれいだけれど、どこかストイックな感じのする女性の先生の
指導とはちょっと感じが違う。

*******************
 息子の学校でも、被災地に向けて、さまざまなチャリティーの活動があるが、
最近は文房具を送る活動をしているらしい。

「あのね、イシノマキやケセンヌマの子たちってね、遊ぶのも色々大変なんだって。」
と息子が言う。
「ふ~ん。」
「鬼ごっことかそういうのはできるんだけどね、おもちゃとかなくなっちゃったから
いろんな種類の遊びはできないんだって。」
「そ~なんだ~。」
「だからね、クラスで鉛筆とかペンとか落書き帳とか送るの。
そしたら絵とか描いたり、できるんだって。
みんな少しずつ学校に持って来てって先生が言ってた。
ぼくも色々持って行きたいよ~。」

 ただ、文房具を集めるといっても、どんなものをどのぐらい持たせればいいんだろう。
小さい袋かなんかに、決められた数量を小分けして、パックにしないといけないんだろうか。
詳しいことをちょっと聞いてみないと。

 「新しいのじゃないといけないんだよ。」とのこと。
とりあえず、息子が買おうというので、鉛筆と消しゴムと落書き帳をちょっとだけ買った。
こういうものを必要としている人たちってまだまだいるんだろうな。
学校では先生が地震や津波のこととか、被災してしまった人たちのこととか、
クラスで話して聞かせているらしい。

 で、近所のスーパーの文房具売り場で、突然見つけたのが、これ!
c0191625_2052233.jpg

 先日、私がサングラスを買ったときから、「欲しい欲しい!」と騒いでいた。
「K(息子)はまだ子どもなんだから、必要ないの!」と言うと、
「え~、でもMは学校にサングラスしてきてるよ~。」
Mくんは、息子のクラスメイトなのだけど、
目が弱いのでお医者さんの勧めで保護のために薄い色のついためがねをかけている。
「Mくんは、お医者さんに言われてるからなの。」

 ところが、文房具売り場で売られていた580円のサングラスは、
なかなかお手ごろ。
「ぼく、おじいちゃんちに行くときに、これかけていこ~っと。」
とすっかり決めてしまった。
「早く、夏休みになんないかなあ。」
梅雨が明けたら、今年も早速、父の隠居所へ行くことになる

****************
 先週に続いて、トルコ料理を作ってみようと思い立った。
先週は、「いまいち」という評価だったので、今週はインゲン豆の煮込みでリベンジだ!

 早速、豆を買ってくる。
ところが、面倒なのはこの手の乾燥された豆は、
前日の夜から水につけておかなければならない。

 やれやれ、面倒くさいなあ。
とりあえず、豆を水につける。

 トルコにいたときに作ったときは、まあまあうまい具合にできた。
果たして日本でうまくいくか・・・。
材料も微妙に違うんだろうし(肉の食感とか、豆の大きさとか)、
また夫にぶつぶつ言われるかも・・・。
<今日のプライベート充実度60%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-06-18 20:32 | 家族 | Trackback | Comments(0)

はやばやと通信簿

 私が子どものころ、通信簿といえば
学校が長い休みに入る前の、終業式の日にもらうものだった。
しかも年に3回、各学期の終わりに。

 通信簿をもらう日は、本当に嫌だったな。
明日から楽しい楽しい夏休み(冬休み)とかなのに、
その直前にもらう通信簿で、親にあれこれ小言を言われたり。

 息子の学校では、通信簿は年に1回だけ。
それも、学期の最後の日ではなくて、
その2週間ぐらい前にもらってくる。

 今日、それを渡されてきたらしい。
c0191625_05248100.jpg

 去年もらってきたときもびっくりしたけど、
何しろA4の用紙4枚分で、字がびっしり。
読むだけで一苦労。

 今年は、科目ごとに、
「3a」とか「2b」とかどうやら評価と思われる記号がついているのだけど、
何しろそれが何を意味しているのか、別添されたチャートのようなものをみて
解読しないと分からないようになっている。

 やれやれ、仕事から帰ってきて、
こんな時間に、こんなの解読させられるのはたまらない。
とりあえず、我が家の教育パパに、
「で?どうなの?」と聞くと、
「ま、いいんじゃない。」とそっけない返事。
とにかく、明日ゆっくり見よう。

 来週は、この通信簿を踏まえて、先生と保護者面談があるのだとか。
一人当たりの時間は10分。
やれやれ、この10分のために、職場を1時間早退?
子育てもラクじゃないなあ・・・。
<今日のプライベート充実度20%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-06-18 00:51 | Year 1 | Trackback | Comments(0)