<   2010年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

とうとう大みそか

 やはいなあ。もう大みそか。
年末の6連休も今日で半分終わってしまったのかあ~。

 今年のお正月は、実家で祖母も一緒に親子4代で過ごしたのだけど
その後、その祖母が倒れて、母と叔母はお見舞いで大変だったなあ。
その祖母も、9月には94歳のお誕生日を迎えて、とりあえず元気。

*****************
 ちょっと早いけど、来年の「一年の計」として、
語学を勉強しなおそうかな、と思った。
それには、やっぱり毎日新聞を読んだり、
語学教材を聞いたりかなあ…、と思い、夫に話すと、
最初は、「ふ~ん。」という感じだったけれど、
とにかく語学の勉強が大好きな夫のこと。

 「毎日何かを聞いたりするのに、
デジタルオーディオプレイヤーが欲しい。」というと、
買ってきてくれるという。
 以前、i-potがいくつかうちにあったが、壊れてしまった。
「どうせ語学の勉強に使うんだから、そんなに高いのでなくてもいいよ。」

 夫が買ってきたのは、これ。↓↓↓
c0191625_15371729.jpg

えええ~!
確かに一瞬可愛いんだけど、イヤホンとプレイヤーが一体化したようなもので、
多分、音楽を聴きながらジョギングする人のためのもの?
何回か繰り返し聴きたいのに、そのたびに、耳の横についたボタンを操作するの?
ん~。いまいち…。

 やっぱり、こういうのは自分で探しに行かなければだめだなあ。
「そんな、先入観を持たないで、まずは使ってみてよ。」と
夫は言うけれど、ん~。

************
 これから、大みそかは私の実家へ。
あれこれ持って行くものを用意する。

 夫は、とれたボタンをつけなおしながら、
「まったく、何でこんなこと自分でしなきゃいけなんだ~。」などと
聞き捨てならないことを。
「え?じゃあ誰がするの?」
「何のために妻がいるんだか…。」
「悪いけど、そういう古き良き時代は終わったから、とっくに。」
「そうでした…。」

 息子は、かわいそうに、夫に言われて国語のドリルを解かされている。
「ママ~、『びよういん』ってなあにい?」
え?
みてみると、「びょういん」と「びよういん」が並べてあって、
正しい方にまるをつけるようになっている。
なるほど。大きい「よ」と小さい「ょ」の違いを学ばせるわけね。
それにしても、「びよういん」って懐かしい響きだなあ…。

 来年はどんな年になるやら…。
<今日のプライベート充実度70%>

[PR]
by makikoai2005 | 2010-12-31 15:36 | 家族

年末大掃除DAY 2

 こんなに狭いうちなのに、どうしてこんなに掃除って大変なんだろう。
掃除していく先からどんどん汚れる感じ。

 おまけけに、珍しく手荒れ。

 夫はこの間の出張で帰りにオーバーブッキングに遭い
そのおかげ(?)で「帰りはビジネスにアップグレードしてもらった~!」
と喜んでいた(単純だなあ…。)。
で、ビジネスクラスでもらったセットの中に、
L'O●citaneのクリームが。
「これって、買ったら結構高いんだよねえ。」と悦に入って
べたべたと顔や手に塗っている。
c0191625_21374578.jpg
 
 私はどうも、このシアーバターというのが好きになれない。
なんとなくべたつく感じで。
最近、よく使っているのが、以前妹のSちゃんにもらった
「ようじや」のハンドクリーム。
香料も気にならないし、いい感じ。

***************
 先日から読んでいる本
結構面白くて、あっという間に半分。
その前に読んでいた本は読んでも読んでも終わらない感じだったのに。
 
 3部構成になっていて、第1部は、ちょっとピカレスク小説っぽい感じだったのに、
第2部は、主人公が、体を壊してしまい、引退し、
おとなしい従姉と結婚して、亡くなったお父さんの残した島「M」の
農場に引っ越す。
 他の地名はすべて実名で出てくるのに、
この島だけは「M」になっている。
気になるなあ。ロードス島とかにも近いらしく、
住民にはギリシャ系(Rum)の人も多いらしいように書いてあるのだけど、
どこのことなんだろう…。

 気になって、ネットであれこれ検索。
結局分からない。
夫は、「Midilliじゃないの?確か、今はギリシャ領だけど。
でも何でそんなことが気になるの?どうでもいいことじゃない。」
と言う。

 確かに、どうでもいいのだけど、なんとなく気になる。
「M」って書いてあるってことは、
もしかしたら、実在しない架空の島なのかも…。

 ん~。続きが気になる。
読もう…。
<今日のプライベート充実度50%>

[PR]
by makikoai2005 | 2010-12-30 21:36

年末大掃除DAY 1

 私は今日から休暇。
ところが、夫は今日も出勤。
と、いうことは、年末の大掃除は、私が担当???

 とりあえず、今日は台所を中心に掃除することにした。
ん~。結構あちらこちら汚いなあ。
ゴム手袋を買ったけれど、結局使いづらくて素手で洗剤とごしごし。
気づくと手が荒れてごわごわに。

 クリーニングを出しに行ったり、年賀状の投かん、、 
夫からたのまれたズボンをすそ上げのために持って行ったり、
外でも結構用事がある。

 年末は結構忙しいなあ。

******************
 特に、ズボンのすそ上げは、夫が買ったお店でしてほしいと言うので
わざわざ二子玉川の●島屋まで。

 二子玉川の駅は久しぶりに降りたけど、
駅の周りの工事が随分と進んでいてびっくり。

 用事を済ませた後、駅にくっついているカフェで
息子と一休み。
c0191625_1933257.jpg

 さて、明日はお風呂とトイレとエアコンを中心に。
どうにか、今年中に、終わるかな?
<今日のプライベート充実度60%>

[PR]
by makikoai2005 | 2010-12-29 19:33

年末のお餅つき

 息子の保育園で、お餅つきがあった。
先週、迎えに行くと、お知らせが貼ってあって、
「今年の最終日の28日にお餅つき大会をします。
保護者の方でお手伝いできる方は、お名前にまるをつけてください。」
と書いてあった。

 ん~。
普通、お餅つきはお正月になってからなのでは?
ま、でもいいか。
面白そうなので、参加することにした。

 行ってみると、すっかり用意ができている。
「屋上で、もち米を炊いています。もうすぐ炊きあがりますからねえ~。」
3回に分けてつくらしい。
c0191625_2111516.jpg

 保育園のオーナーも来て、
「ん~。これがレンタルしてきた杵と臼ね。
買おうかと思ったら、木の臼は20万円ぐらいするって言われたの。」
とのこと。
「今年はレンタルね。うまく行ったら来年は買おうと思って。」
なるほど、初めての試みなのね。
確かに「だい1かいおもちつきたいかい」と書いてある。
c0191625_2116953.jpg

 レンタルの臼は、石をくりぬいたもので、
木の台の上に載せる。
大人4人でやっとこさ木の台の上に載せていた。
杵は、取っ手は木だけれど、打つ部分は白い樹脂。
「最近は、衛生面から樹脂のものがよく売れてるらしいです。」とのこと。

 先生たちは、お餅つきの前に、あれこれ子どもたちに教えている。
「まず、臼にあついお湯を入れておきます。」
c0191625_21185185.jpg

 昨日、子どもたちは黄な粉を自分たちで挽いたらしい。
「1時間半ぐらいかかっちゃいました。」とのこと。
c0191625_2120155.jpg

 それから、お父さん2人とおにいちゃん(中学生)の3人が
杵を持って登場。
c0191625_21223666.jpg

保育園にただ一人の男性の保育士さん
(お仕事をリタイアしてから息子たちの保育園で先生をしている方)が
お餅の付き方を指導。
ん~。なるほどね。
上手な人がつくと、違うなあ。
c0191625_21233013.jpg

 今日参加した私を含めて3人のママたちの仕事は、
つきあがったお餅を小さく丸めて、
黄な粉、アンコ、磯部巻の3種類の味付けをする事。
手早くやらないと、表面がつるつるになって、
すぐにまとまらなくなってきてしまう。

 流れ作業で、2人が丸めて、1人が黄な粉をつけたり、アンコをまぶしたりする。
磯部巻は、ボールにそばタレをいれたものの中に丸めたお餅をつけて、
手早く海苔を巻く。
c0191625_2127189.jpg

 もち米は3回に分けて蒸したので、
つくのも3回。
子どもたちも順番にお餅つきを体験。
「お母さんも一緒にどうぞ!」とか言われて、
仕方なしに息子と一緒にお餅つき。
c0191625_21292138.jpg

 お餅つきなんて、何年振りだろう…。
大昔にトルコにいたときに、
お餅つきしたことがあったなあ、そういえば…。
日本人学校の臼と杵だったような気がする…。
あのもち米は、どなたがどこから調達してきてたんだろう…。

 そういえば、お蕎麦やうどんを打つのに凝っている人たちもいたっけ。
トルコで食べた年越しそばは、なぜかとてもおいしかった…。

**********************
 できあがったら、みんなで小さな机と椅子に座って、
お餅をいただいた。
c0191625_2136120.jpg

とてもたくさんできたので、おかわりもたっぷりあった。
「ぼく、黄な粉きらい。」とか言ってる子も。
逆に、黄な粉ばかりお代わりしている子も。

 食べ終わった後は、この間のクリスマス会のビデオを観ることに。
みんな、「あ~●●ちゃんが出てる!」と大騒ぎしている。
c0191625_2253120.jpg

 幼稚園でも学校でもない保育園。
赤ちゃんのときからみんな一緒。
色々四季折々の企画を練って、楽しませてくれているんだなあ。
ありがたや、ありやたや。
<今日のプライベート充実度100%>

[PR]
by makikoai2005 | 2010-12-28 21:10 | 催し物

年末の出勤

 本当は今日と明日休みをとって10連休のつもりだったが、
残務処理で昼から出勤。
まあ朝のんびり出れたのは良かった。
課では結構休んでいる人もいて、半分ぐらいしか人がなかった。
今年ももうすぐ終わりだなあ。
c0191625_23473661.jpg

 今日から、新しい本を読み始めた。
1927年に書かれた小説。
以前に同じ作家の書いた別の小説を読んで面白かったので
買ってあったのに今日まで放置してあった。
ページの間に挟まっていた博物館のチケットを見たら、1998年だって!
きゃ〜、10年以上たってる!
この冬休み中に読めるかな?

[PR]
by makikoai2005 | 2010-12-27 23:47 | 本・DVD・映画

彫刻の森美術館

 保養所の朝は、寒いけどとっても爽やか。
c0191625_181824.jpg

天気も良くて、絶好の行楽日和。
 チェックアウトの時間が朝10時と早めだけど、
おかげで午前中をつぶさずにすむ。
c0191625_1833180.jpg

さて、これからどうしようか。
箱根に来るたびに、ケーブルカーに乗って、
温泉卵を作っているところまで見に行ったり、しているので、
今回は何か別のことをしようということになった。

 実は、私、子どものころから学校の遠足も含め
何度も箱根には来ているのだけど、
「彫刻の森美術館」には一度も行ったことがない。
しかも、私たちの泊った保養所は、
最寄駅が「彫刻の森美術館駅」。

 夫に言うと、「行ってみよう!」ということになった。
入場料が大人1,600円はなんだか高い気がしたが、
入ってみて、いやいやちっとも高くないことが分かった。
広大な敷地に、いくつかの建物があって、屋外に彫刻が点在している。
c0191625_18525531.jpg

ほとんどが現代アート。
でも、いわゆる「美術館」の堅苦しさはなくて、
子ども連れでも楽しめる。

「ネットの森」という子どもが中に入って遊べる「作品」も。
c0191625_18562160.jpg

屋外なので、こちらは寒いが、駆け回っている子どもは元気いっぱい。
c0191625_1857111.jpg

夢中で遊んでいて、「作品」からひきはがすのが大変。
c0191625_1858247.jpg

この美術館の目玉の一つの「ピカソ館」も。
c0191625_1951837.jpg

ん~。91歳まで長生きしたピカソは、その晩年まで生涯何人もの女性がいたことで
有名だけど、
それとは対照的なのがヘンリー・ムーア。
「緑陰ギャラリー」の2階のヘンリー・ムーアの展示には、
彼の言葉がたくさん書いてあった。
哲学っぽい感じの言葉に、「ん~。」と唸る夫。
彼はヨークシャーの炭鉱夫の8人の子どもの7番目だったそうで、
美術も含みほとんどを奨学金で勉強した人らしい。
「彫刻に最もふさわしい背景は、『空』である。」といった言葉を読んで
「なるほど。」と納得している夫。

 「同じ芸術家でも、
若い女性と楽しくやって、その合間に作品を作るタイプ(ピカソ)と
哲学的な芸術家タイプ(ムーア)と、色々いるよね。」ですと。
確かに…。

****************
 芸術の森美術館でお昼を食べて、午後そんなに遅くならずに
ロマンスカーで戻ってきた。
c0191625_1962943.jpg

ロマンスカーの中で、勉強する我が家の男性陣。
ちょっとぉ~。ホリデーなんだってば~!!!
<今日のプライベート充実度100%>

[PR]
by makikoai2005 | 2010-12-26 18:01 |

箱根でクリスマス

早起きする息子。
クリスマス・プレゼントがたくさん。
私の母から、そして妹のSちゃん夫婦から。もちろんサンタさんからも!
母からは、レゴのセット(クレーン車を作るものらしい)とマグネットのおもちゃ。
Sちゃん夫婦からは、サッカー日本代表のブルーのユニフォーム。
そして、サンタさんからは、マイケル・ジャクソンのDVD「This is it」と、
よくわからない飛ぶおもちゃ
(プロペラみたいなものが、家じゅうをぶんぶん飛んでいて危ない!)。

 急いで用意して、ピアノの先生のお宅へ。
今日はお弟子さんを集めてクリスマス会。
毎年、この時期に先生がご自宅を開放して開催してくださる

2時間ばかり子どもたちだけで、ピアノを弾いたりゲームをしたりするらしい。

*******************
 その後、夫と待ち合わせて箱根の保養所へ。
職場の保養所は、冬休みに向けて予約を受け付けていたが、
ある日キャンセルが出て、25、26日の1泊2日がぽっかり空いていた!
早速予約。
c0191625_17211724.jpg

 ロマンスカーと箱根登山鉄道を乗り継いで、保養所へ。
ここもなにやかにやで3回目。
前回は、姑さんを連れてきたっけ

 保養所の近くには、有名な温泉施設「ユネッ●ン」がある。
夕方、3人で「ユネッ●ン」の敷地の中の鶏肉専門の料理店へ。
なんと、この料理店には2つ支店があるのだけれど、
そのうち1つは、目黒の息子のバレエ・スクールのすぐ近くにある!
c0191625_1728140.jpg

メニューはすべて鶏肉づくし。
c0191625_17292532.jpg

ついついどんどん注文してしまう。
唐揚げがお皿に山盛り!
c0191625_1732306.jpg

息子も大喜びで、がつがつと食べていた。
夢中で食べて、こんな顔に!↓↓↓
c0191625_17345350.jpg

 保養所に戻ると、私はワインのおかげでほろ酔い気分だったが、
教育パパの夫は、カタカナの練習をさせるとか言い出し、
「和室」でカタカナを書かされる息子。
c0191625_17415182.jpg

せっかくのホリデーなのに~!さすがにかなり不憫。

 保養所のお風呂には、「温泉」と書いた蛇口があって、
湯船を温泉で満たせるようになっている。
久々に息子と一緒にお風呂に入った。
こんな風に一緒にお風呂に入れるのもあと何年かだね。
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2010-12-25 21:16 |

クリスマス・イブ

 やれやれ。通訳の仕事は出来はともかく、とりあえず終わってほっとする。
新年からはもうちょっと心を入れ替えて本格的に勉強しようかなあ。
すでに、計画倒れに終わりそうな予感はするが…。

 クリスマス・イブのせいか、職場でも独身組はさっさと消えていた。
家族持ちでも、「今日は家族でちょっと計画があるみたいなんで…。」と
早々引き上げる人たちも。
私は、残務処理でなかなか終わりそうもない。
このままだと、課長と二人で残ることになるのかなあ…
それも気が遣えるなあ…、などと思っていた。

 結局、課長と、新人のO君と、私の3人に。
課長は、「うちはクリスマス・パーティーは明日することにしたので。」
とのこと。
O君に「あれ?まだ仕事あるの?」と聞くと、
「いえ、今日中にやらなきゃいけないわけじゃないんですけど…。」
「え?じゃあ、もう帰っていいよ。」
「でも、いえに帰っても別に一人でやることもないんで。
多分テレビとかみて寝るだけだし。」
「え~。」
「それだったら、職場でAさん(私)たちとちょっとおしゃべりとかしてる方が
楽しいです。」
「…。」
(一応、仕事するために残ってるんですけど~。)

 それを聞いた課長は、「O君、この間お歳暮でもらったビールが冷蔵庫にあるよ。
もう勤務時間は過ぎてるし、今日は特別だから、飲んでいいよ。」などと言う。
「え、いいです。別に。」
遠慮するOくん。

 ん~。20代前半でクリスマス・イブに、50代の課長とアラフォーのおばちゃん(私)
と職場で過ごす方がいいなんて、なんだか泣かせる(涙)。
「あ、そうだ、メイプルクッキー食べる?」
前に買って冷蔵庫に入れたままになっていたお菓子を出してくると、
「じゃあ、ボクお茶入れてきます。」といそいそと出て行った。

 そのあと、10時過ぎまで3人で仕事して帰った。
どうやら私たちの仕事が終わるのを待っていた感もある。
いい子なんだなあ。

********************
c0191625_046752.jpg
 
 うちに帰ると、息子が保育園からもらってきたらしいプレセントと
真ん中にサンタさんの格好をした息子の写真が貼ってあるカード(多分先生の手作り)
があった。
息子のサンタさん姿が、妙にさまになっているのが、可笑しい…。
こんな風なおじいさんになるのかな、この子は。
c0191625_0462467.jpg

 母が作ったらしいケーキ(?)も。
さいころ状になったスポンジケーキにクリームとフルーツが盛り合わせてあった。

 夫は、息子のために用意したプレゼントを隠してあった場所から取り出している。
「K(息子)にサンタさんからの手紙を書かなきゃ。
サンタさんはガイジンだから英語で書かなきゃ。」
などと言いながららそこらへんにある文房具で手紙を書いている。
「そのペンと紙じゃあ、いくらなんでもばれるんじゃないの?
うちで書いたことがバレバレだよ。」

 サンタさんが「ガイジン」っていうのも、いったい…。
確かに、そういう私も、先日息子が
「サンタさんから●●が欲しいから、お手紙書こうかなあ。」などと言っていたとき、
その「●●」が私の知らないテレビアニメのヒーローものだったので
もしも違うものでも買ってしまおうものなら、飛んだことになると思って
「K(息子)、サンタさんはフィンランド人だから(この辺はテキトー)、
日本語や英語のお手紙見ても分からないから。プレゼントはサンタさんに
おまかせにしたら?」とつい言ってしまった。
息子はみょうに納得していたけれど…。

 そのほかにも、母や妹のSちゃん夫婦が送ってくれたプレゼントがある。
それも明日の朝「サンタさんからのプレゼント」と一緒に渡すというのが
夫の計画。
果たしていつまでサンタさんを信じてくれるのかな。
<今日のプライベート充実度70%>
 
[PR]
by makikoai2005 | 2010-12-25 00:40 | 家族

お勉強

 こんな暮れも押し迫って、
通訳の仕事。
明日、トルコからお客さんが来るとかで、突如通訳。

 今回は、テクニカルな話題が多いみたいで、
ネットで単語を調べたり。
「へ~。これってトルコ語でこんな風にいうんだ~。」

 やれやれ。
なんだかいつものことながら、一夜漬け勉強状態。
こういうのって、日ごろの努力がやっぱり大事だよなあ…。

**************
 お客さんの前に出るなら、せめて小ざっぱりしていこうと思い、
息子と一緒に美容室へ。

 年末のせいか、ちょっと混んでいた。
「お子さんのクリスマス・プレゼント用意されましたか?」
そっかあ。
もうそんな季節だよなあ…。
今日はもう23日だ~、どうしよう。

 うちに帰って夫に言うと、
「もうとっくに用意したよ。」
え~!
「昨日帰りに買った。」
どこにあるの?
「もちろん隠してあるよ。」
さすが。
<今日のプライベート充実度30%>

[PR]
by makikoai2005 | 2010-12-23 20:05 | 仕事

おっかえり~

 昨日、1日遅れで夫が戻ってきた。
昼ごろ電話があって、「今やっと帰ってきたよ~。
今から空港バスに乗るところ。」と連絡があった。
やれやれ。長いお留守番生活(長く感じた)もやっと終わった。

 昨日の夜は、職場で大忘年会。
課や親しい同僚とのこじんまりしたものではなくて、
局全体の忘年会。
50人ぐらい参加した。
普段、あまり話したことがない人とも近くの席になる。
上司が、お金やプレゼントを出し合って、ビンゴゲームの景品が集まったらしい。
新人君たちの企画で、しゃぶしゃぶ屋さんのお座敷を借りる。
c0191625_22425456.jpg

 実は行くまでは結構気が重かったのだけど、
行ってみたら、大人数だけど結構盛り上がって、とても楽しかった。

 そして、多分これまでの社会人生活で初めてなのだけど(ちょっと大げさ…)
ビンゴで1等賞を当ててしまった!
商品は、今はやりの空気清浄機。プラズマクラスターイオンが出る。
c0191625_22445595.jpg

うれしいなあ。うれしいなあ。
他には高級ワインとか、箱根のユネッ●ンの入場券とかがあったらしい。
大体の人が何かしらのプレゼントをもらっていた。

 それにしても、年末最後についてたなあ。

*****************
 家に帰ると、夫がモスクワからチーズとウォッカとかあれこれ食材を
買い込んできていた。
冷蔵庫の中の他のものは出されてしまっていて、代わりに買ってきたものが
入れてあった。おいおい。
c0191625_22483042.jpg

↑↑この3倍ぐらいの量ある(きみは、担ぎ屋のおばちゃんか…。)。



[PR]
by makikoai2005 | 2010-12-21 22:34 | 家族