<   2010年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

キューピッド?

 朝からバレエ。
7月の発表会のための練習。
c0191625_21545781.jpg

 「ドン・キホーテ」の息子たちの出る部分をおさらいしていた。
なかなか振付が覚えられない息子。
先生が、「ビデオで撮って行っておうちで一緒にみたらどうですか。」
とおっしゃるので、ずっと撮っていた。
c0191625_215842.jpg

 ん~。つくづく私って、「サッカー・ママ」の上に
「ステージ・ママ」への道を驀進している?

 ところで息子たちは手に弓の小道具を持たされている。
「キューピッド」の役らしい。
「本来なら女の子たちの役なんですけど、何とか考えましょう。」
と先生はいっていた。
 そもそも「キューピッド」って男の子だったっけ?女の子だったっけ?
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2010-01-31 21:50 | 習い事 | Trackback | Comments(2)

「遊び時間(Play Time)」

 今日は1月の最終週だとかでピアノのレッスンはお休み。
朝のんびりと寝ていられるって、本当に幸せ!
久しぶりに朝寝坊。
息子は習慣になっているのかいつもの時間にごそごそ起き出して、
健気にも、台所にあったみかんとか食べながら時間をつぶしていたらしい。

 昼過ぎにのんびりとサッカーのクラスに出かける。
ママたちとおしゃべり。
ん~。我ながら、「サッカーママ」。
ママの中の一人がショートブレッドを作ってきて、レシピーなんかを伝授していた。
今度ゆっくり教えてもらいたいものだ。

**************************
 サッカーの後はバレエへ。
息子を送って、贅沢な週一回の一人の時間。
今日はカスタードプリンの上にリンゴをのせて焼いたお菓子。
ん~。おいしい!
c0191625_1505823.jpg


 息子の様子をみるために、少し早く迎えに行く。
ふむふむ先生のいうことを聞いて、なかなか良くやっている、と思いきや、
途中で半泣きの顔になってみんながやっているのを端っこで見ている。
どうしたんだろう…。

 レッスンが終わって出てきたところで聞いてみると、
どうやら先生が発表会の練習も兼ねて、
女の子たちにティアラの小道具を配って練習させたらしい。
ティアラは子供用で、ピンクや白の羽根飾りがついていて、
真ん中には、プリンセス(ディズニーのオーロラ姫か白雪姫?)の絵が付いている。
クラスで唯一の男の子である息子は、「女の子のボウシはやだ。」
先生も、それならかぶらないでいいよ、と言ったらしい。

 「ちょっとうっかりしてました。Kくん(息子)用にも来週はなにか
冠みたいなものを用意してきます。」と先生は言っていた。

 やれやれ・・・。
確かにそういうことに、子どもって結構敏感。
息子は女の子の中に混じって女の子と同じようにバレエを練習していても、
自分は「男の子のパートをやっている」と自分の中で整理しているらしい。
その辺のことは、やっぱりわかってやらなきゃいけないなあと
今さらながら思った。

*************************
 バレエの帰りに夫と二●玉川で待ち合わせた。
友人のAさんと一緒だったらしい。
一緒にお茶しておしゃべり。
なんだかんだでAさんとは1、2週間に1回のペースで会ってるんじゃないか・・・。

 帰りに二●玉川の駅でばったりとAKさんに遭遇。
AKさんはつわりがひどくて8キロも痩せてしまい、
1か月ぐらいの予定でイスタンブールから里帰りしている。
元気そうだったけれど、すごく痩せていてびっくりした。

*************************
 家に帰ってからは息子にピアノの練習をさせる。
5月に発表会があるとかで、先週新しい楽譜を買って帰ってきた。
先生が選んでくれた曲は、バルトークの「遊び時間」
c0191625_1491094.jpg

 息子はこの曲が気に入ったらしく、最近はよく鼻歌で歌っていたりするが、
いざ指で弾くとなると、まだ難しいらしく、なかなか苦労している。

 考えてみれば、ずいぶんと週末まで習い事で忙しくさせてしまっているなあ。
「遊び時間」だなんて、なんだかちょっと皮肉な曲目…。
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2010-01-31 01:45 | 習い事 | Trackback | Comments(2)

息子の爪かみ

 最近数か月、息子が爪をかむようになった。
c0191625_0335057.jpg

 以前はそんなことぜんぜんなかったのに。
むしろ切るのを忘れて長くのびてしまい「しまった!」と
思うことが多かったぐらいなのに。

 ほぼ一日中のべつ幕なしにかんでいる。
かむ爪がなくなると、爪の周りの皮をかんだり、
口の中に指を入れたままにしていたりしている。
注意しても、注意する先からかんでいる状態。

 何か理由でもあるんだろうか・・・。
「精神的」とか?

 私も子どものころはよくつめをかんだなあ、そういえば。
でも、こんなにひどくなかった気がする…。

 特に、この季節はインフルエンザとか風邪の菌とかあるし、
口のなかいにいれてほしくないんだけど・・・。

[PR]
by makikoai2005 | 2010-01-30 00:30 | 家族 | Trackback | Comments(0)

子宮頚がんワクチン

 最近うちの職場で最近新たに導入された
子宮頚がんの予防接種のお知らせがあった。
希望者には、職場のクリニックで接種してくれるらしい。

 子宮頚がんはウイルスが原因であることが分かっているそうで、
そのためにワクチンを接種しておけばかなりの確率で
がんになるのを防げるらしい。

 費用は全部で3回接種して1回に1万円ちょっと。
早速申し込んできた。

 母に話したら、「ああそういえば、数日前の朝●新聞に
そんな記事が出てたわねえ・・・。」
と言って、その記事を切り抜いて持ってきてくれた。

 それによれば、
子宮頚がんの99%はヒト・パピローマ・ウィルス(HPV)の
感染が原因だそうで、ワクチンを打っておけば感染を予防できるそうだ。
 ところがこのHPVへの感染は特殊なことではなく、8割以上の人が
生涯に一度は感染するのだそうな。
大半の人は感染しても自分の免疫によりウィルスは消滅するのだけど、
1割程度の人が感染した状態が続いてがんになるのだそうだ。
 しかも、性交渉で感染するものなので、11歳ぐらいのときに
接種するのが理想的なのだとか。

 ん~。ということは、この年齢で接種してもあんまり意味がないのか・・・。
記事には、専門家の先生の意見として、
「40歳でも3~4割の効果があるので45歳ぐらいまで打つメリットは
あるでしょう。」と紹介していた。
 ん~。やっぱり打った方がいいってことか…。
悩むなあ…。
<今日のプライベート充実度30%>

[PR]
by makikoai2005 | 2010-01-29 00:11 | その他 | Trackback | Comments(8)

冬のスイミング

 夫は腰痛があまりにひどくて、結局仕事を休んで近くの整形外科へ行ったらしい。
レントゲンをとったりあれこれ検査してもらった結果、
「骨には異常がありませんねえ。筋肉が炎症を起こしているんでしょう。
重いものを持ち上げたり、急に立ち上がったりしないように、しばらくは気をつけてください。」
と言われたらしい。

 さらに、「運動不足のようだから、腰の調子がよくなったらすぐに運動を始めてください。」
といわれたとか。
ほ~ら!やっぱり。あれほど運動した方がいい、痩せたほうがいいといったのに!

 で、先生に「どんな運動がいいですか。」と聞いたら
「やっぱり水泳が一番ですね。」といわれたので、
病院を出た足ですぐに、病院と同じ建物の中にあるフィットネスクラブに入会したとか。
(ん~。経営者が同じってことはないよねえ・・・。)
c0191625_2357163.jpg

 まあ、でも水泳は骨や関節に負担がかからないし、
有酸素運動だからきっといいに決まってる!
これを機に心を入れ替えて、メタボから脱却してくれるといいのだけど。

******************
 ところで息子の幼稚園でも偶然今日から水泳教室が始まったらしい。
この季節に、水泳教室?

 週末、幼稚園からお手紙を持ち帰ってきて
「これから毎週火曜日は水泳がありますので、水着、帽子、タオルを
持ってきてください。」と書いてあったのでびっくり!

 息子に聞くと、みんなで近くの某S女子大の屋内温水プールに行ったのだとか。
泳ぎを習えるのはいいことだけど、なにもこんな季節じゃなくても・・・。

 我が家の男性陣はなぜかこの時期水泳を始めた。
<今日のプライベート充実度50%>

[PR]
by makikoai2005 | 2010-01-26 23:56 | 家族 | Trackback | Comments(2)

腰痛

 夫が数日前からしきりと「腰が痛い」という。
昨日夜は自分で椅子から立ち上がれないほどになったが、
今日は国内出張とかで、早朝から新幹線で出かけて行った。

 案の定、帰ってくると、悪化していた。
「明日は仕事にいけないかも。」

 背の高い人には腰痛が多いし、夫の家族にもたくさんいる。
最近運動不足だし、背筋がすっかり弱ってしまったのかも・・・。

 とりあえず明日病院に行って原因を調べてもらうことになった。
やたらに温めたり冷やしたりしない方がいいだろうし、
下手にマッサージしても悪化するかもしれない。
かわいそうだけど、何もできない・・・。

 
[PR]
by makikoai2005 | 2010-01-26 00:00 | 家族 | Trackback | Comments(0)

都会の中の森林?

 息子は日曜日発表会の練習に目黒の教室までバレエのレッスンに通っている。
今日から、新しいビルに教室が移った。
今までよりちょっと広い。
「床をバレエ用の床にする工事に600万円ぐらいかかっちゃいました。」と
オーナーのOさん。
教室の経営も結構大変なんだなあ。

 記念に集まった生徒さんで写真を撮っていた。
c0191625_2232211.jpg

幼稚園生から高校生ぐらいのお姉さんもいる。
発表会の練習は結構難しい。
息子はついていくのにやっと。
ん~。ちょっとチャレンジングすぎるかなあ…。

 教室からちょっと歩くと白金台。
「自然教育園」という看板が。
ん~。気になって家族で入場してみる。

 そこは都会の真ん中に残された森林。
c0191625_22355761.jpg

中に入ると「ここどこ?」と一瞬都心にいることを忘れてしまう。
c0191625_2237017.jpg

こんな風景も・・・。
c0191625_22375999.jpg

まだまだ知らないところ、結構あるなあ。
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2010-01-24 22:31 | 習い事 | Trackback | Comments(6)

おみまい

 夫が息子を土曜日の習い事3連ちゃんに連れて行っている間に、
祖母のおみまいに行った。

 鎌倉に住んでいる叔父の家に近い病院に入院しているので、
うちからは1時間ぐらいかかる。

 湘南新宿ラインもモノレールも初めて乗った。

 土曜日なので、叔父さん叔母さん、私の両親、妹夫婦、従兄弟のOくんも
来ていた。

 祖母は横になって鼻に酸素の管を通していたけれど、
想像以上に元気。
こちらの言うことは100%はっきり分かっているし、ゆっくりだけど話もできる。

 一日30分ぐらいリハビリの先生が来て、あれこれ体を動かしているらしい。
お手洗いも立って行っているらしい。

 叔母に言わせると、
「今は結構小さめの声で話しているけど、
リハビリの先生や看護婦さんが来ると、びっくりするぐらい大きな声で
『はいっ』とか返事したり、名前を聞かれると大声で答えたりしてるのよ。」とのこと。
まじめに先生や看護婦さんの言うことを聞く「模範的な患者」なのだそうだ。

 と、いうのも、根本に、「ぜったいよくなってやる!」という並々ならぬ意志が
あるような気がする、彼女の場合・・・。
人によっては、すっかり弱気になって、辛くて言われたことができないタイプもいるけれど、
祖母は「よくなりたい!」という生への執着がすごいのかも。

**************
 祖母も、あんまり大勢人が来ると疲れるだろうし、
途中で母と伯母を残してみんなで近くでお茶しにいった。
従兄弟のOくんは、去年就職して今はT市にある自動車メーカーに勤めているが、
わざわざ車で4時間かけておみまいにきたらしい。

 おみまいに行って顔をみるまでは、
「これで、おばあちゃんとも最後かな。」としんみりしていたけれど、
今日の様子だと、どっこい大丈夫って感じがした。
就職してからやせたというOくんにも
「しっかり食べて、やせちゃだめよ。」と意見している。
恐るべし・・・。

 連日世話をしに行っている母には、「暗くならないうちに帰りなさい。」と言うそうだ。

 ん~。いろいろな意味で学ぶべきところが多いな。
90過ぎて、倒れて、病院で管をつけていても、あれこれ忠告めいたことを言う
すごい祖母。私も一応血がつながってるんだよねえ・・・。
<今日のプライベート充実度70%>
 
[PR]
by makikoai2005 | 2010-01-23 23:06 | 家族 | Trackback | Comments(4)

冬なのにラタトゥーユ

 冷蔵庫の中の野菜を使って、
ラタトゥーユを作った。
c0191625_22315738.jpg
 
 ラタトゥーユは夏野菜で作るものと相場が決まっているけど、
トマト、玉ねぎ、マッシュルーム、ナス、ピーマンとトマトピューレを
鍋に入れてぐつぐつ煮るだけ。

 ん~、簡単。
一晩寝かせて、明日食べよう・・・。

[PR]
by makikoai2005 | 2010-01-23 22:31 | 料理 | Trackback | Comments(2)

主のいなくなった家

 祖母は、その後また夜中に叔父の家で倒れ病院に運ばれたらしい
右の首の動脈に血栓ができてしまていたそうで、
左半身がしびれてしまったのだとか。

 それでもすこしずつ飲んだり食べたり、
頭はしっかりしていて、もつれながらも話もするらしい。

 なんだか大変なことになってきてしまった・・・。
それにしても、わが祖母ながら恐るべき生命力。

****************
 母は、昨日は日帰りで東北のS市にある祖母の家に行ってきた。
健康保険証とか介護保険関係の書類とか、必要なものをとりに行くのが目的。

 おととい、母にデジカメを貸してほしいといわれて、貸した。
「もう、おばあちゃんのおうちに行くことももうあまりないかもしれないから、
記念に写真とか撮っておこうかと思って・・・。」
母にとっては実家。色々考えることもあったんだろう。

 母はカメラの扱い方に慣れていない。
なんとなく心配になって、昼休みに電話してみた。
 「いま、ちょうど、おばあちゃんのうちでご飯食べてたところ。」
 「カメラ、使い方わかる?」
 「うん、おかげさまで、大丈夫そう。」
 「そちらはどう?」
 「うん、大丈夫。もう色々手続とかもすませてほっとしてるとこ。」
 「そっかあ。」
 「なんか悲しい。」

思わず、なんと返事をしていいかわからなくなって、
 「なんで?」
 「だって、なんか、おばあちゃんがいない家って悲しい。」
 「・・・。」
 「おばあちゃんここにはもう帰ってこれないんだなっ、って。」

確かに悲しい。

母は明るい声で言っていたけど、やっぱり悲しい。
 「じゃ、どうもありがと。」

電話を切った。
誰かが暮らしていたままになっている家って、やっぱり悲しいだろうな。
もう、その家に住んでいた人が戻ってこれないかもしれない可能性が高い場合にはなおのこと。

一番最近祖母の家に行ったおととしの9月のことを思い出した。
あれが最後だったんだろうか・・・。

[PR]
by makikoai2005 | 2010-01-23 11:50 | 家族 | Trackback | Comments(0)