カテゴリ:習い事( 107 )

テニス

息子が4月から通う学校に提出するために、近所のクリニックで身体検査をしてもらうことに。
眼科と耳鼻咽喉科と内科での検査が必要。

面倒だと思っていたけれど、思わぬ収穫も。
視力が左は1.2なのに、右は0.1に落ちていた!
暗いところでの寝転んで本を読んだり、PCが原因かなあ。

また、受験で運動不足な上に、お菓子をちょこちょこ食べたりしていたせいか、半年で体重が10キロも増えていたことが判明!
確かに最近ちょっとお腹が出てる?
小学生でメタボ?

そこで、せっかく春休みだし、テニスを習いに行ったらどうかということに。うちの近くからバスで10分ほどのところにゴルフやテニスができるスポーツコンプレクスがある。そこのインドアコートのスクールに体験レッスンへ。
一回60分の小3から中1を対象とする初心者のクラス。シューズやラケットは貸してくれる。

息子、相当楽しかったらしく、早速入会。今週は金曜日にも行くことに。

いい運動になって疲れたらしく、家に帰るとソファで寝込んでしまった。
c0191625_23443475.jpg

長く続けられるといいね。
〈今日のプライベート充実度70%〉

[PR]
by makikoai2005 | 2017-02-22 23:31 | 習い事 | Trackback | Comments(2)

ピアノの発表会

 朝からバタバタ用意して、同じ沿線の駅ビルの中にある
コンサートホールへ。
出かける前に、息子にちょこっと最後の練習をさせて、
シャワーを浴びさせて、衣装にアイロンをかけて・・・。

 10時20分に楽屋前に集合。
急いで行くと、みんなもう集まっているところだった。

 息子が習っている先生は4人の先生合同で、
2年に1回ピアノの発表会を開催している。
お弟子さんは全部で100人ぐらい。
それを3つのグループに分けて、3部構成。
息子たちは最初の回の第一部。
開演は11時から。

 楽屋で着替えると、すっかりいでたちだけはマエストロ。
後は、順番が近い男の子たちと、楽屋を駆けずり回っていた。
「あがる」とか全然ないんだろうなあ、このぐらいの年の男の子たちには。
c0191625_0205717.jpg

 夫と母と、そして妹のSちゃんと3歳の姪っ子のMちゃんが
観に来てくれた。

 途中で2か所ぐらい、怪しいところがあったけれど、
何食わぬ顔をして弾き続けていたから、ま、いいか。

なんだかんだで半年ぐらい練習していたし、本人が楽しんでいたようだったから
良しとしないとね。

 夫は足の親指の巻き爪が痛いと言って、
息子の出番が終わると帰ってしまい、
第一部の終わりまで、母と妹と姪が残ってくれた。

 コンサートの後に、集合写真の写真撮影。

 発表会も今回で3回目だけれど、
この独特の雰囲気に、自分の子どものころを思い出したりして。
遠い、40年近く前の記憶が呼び起されたり・・・。

**********************
 帰りに、近くのカフェで、みんなでお昼を食べて帰った。
久しぶりにおしゃべりして楽しかった。

 うちに帰ると、昨日ネットで問い合わせしていた引っ越し業者の人が
見積もりに来るので、大急ぎで部屋の中の片づけ。
今回の引っ越しを機に、色々捨てるぞ!

 結局、ピアノの運搬と、エアコン、ウォシュレット、食洗器の脱着の
オプションもつけて、見積もってもらって、来月の5日に引っ越すことに決定。
家も決まって、引越しも決まって、本当にホッとする。
これから、荷物をまとめたり、色々な手続とかまだまだ続きけど、
とりあえずはひと段落。

 夕方、とりあえず発表会のねぎらいで、かき氷。
c0191625_0211558.jpg

 Sちゃんがお菓子と一緒にくれた小さいブーケ。
c0191625_0212846.jpg

 また、2年後に向けて、練習しようね。

[PR]
by makikoai2005 | 2014-07-14 00:20 | 習い事 | Trackback | Comments(0)

やっぱり国語が課題

 息子が先週受けた塾のテスト
結果が戻ってきた。
算数はやっぱり結構よくできていた。好きな科目だからねえ。
でも、国語は…。
平均点から10点以上も低い…。
読解で、四択から選ぶとかいうものではなくて、
自分で文章を書いて答える問題は、すべて×。
まあ、仕方ないよね。

 このテストによって2月からのクラスが決まるらしい。
4年生になると今までの4クラスから9クラスまで
一学年の人数が増える。
息子は上から4番目、下から6番目のクラスになるらしい。
国語の成績が悪かったからしかたないか…。

 夫は、国語はネイティブではない自分がみてやるのは無理だ
私がみてやらないと、という。
そうだよねえ。
そもそも国語の勉強のために塾に通ってるのに
これじゃあねえ…。

********************* 
 先週の金曜日、仕事の取引先の人と「新年会」。
みなさんいつも大変お世話になっている人たち。
アメリカ人の御主人ののろけ話が微笑ましいHさん、
3人のお嬢さんのパパのIさん、
アラフォーの独身貴族のお姉さまOさん、
バツイチで二言目には「結婚したい、誰かいい子紹介して」のNさん。
IさんとNさんは大学で同級生だったとか。
 
 Hさん御夫妻がよく行くという六本木のワインのお店へ。
関西人のHさんとNさんの掛け合いは、まるで漫才のよう。

 ワインのあとは、Iさんご推奨のラーメンの店へ。
夜中まで、のどが痛くなるほどおしゃべりして楽しかった。
 気づくと終電。
駅までみんなでダッシュ。

 結局、渋谷まで行くと、家までの電車はもう終わってしまっていた。
初めて、渋谷の駅から深夜バスで帰宅。
1500円なり。
高速を通ったので、ものの20分で帰宅。

 今日、出勤したら、Nさんからラーメンのお店で
女子3人で撮ってもらった写真が送られてきていた。
c0191625_23525968.jpg

 こういう写真は、意外ともっていないもの。
Nさんの気遣いに感謝。
<今日のプライベート充実度80%>

[PR]
by makikoai2005 | 2014-01-20 23:52 | 習い事 | Trackback | Comments(0)

雨降りの土曜日

 小雨が降って、肌寒い。
もうすっかり秋だね。

 午後から息子のピアノのレッスンに行くと、
先生のリサイタルのチラシが。
c0191625_1765124.jpg

 2台のピアノの連弾と、バイオリンとの合奏。
11月末にあるらしい。

「生徒さんは特別割引で1000円です。是非聞きに来てください。」
といわれた。
曲目を見たら、「動物の謝肉祭」とか「剣の舞」とか子どもでも楽しめそうな内容。

******************
 その後バレエへ。

 今日は夕方から明日の朝まで年に1回回ってくる宿直。
バレエへのお迎えは夫に行ってもらうことに。

 やれやれ長い夜になりそう・・・。
<今日のプライベート充実度60%>

[PR]
by makikoai2005 | 2013-10-05 17:06 | 習い事 | Trackback | Comments(0)

祭り

 午前中、ピアノのレッスンに息子を連れて行こうと、
2人で駅に向かうと、改札口の前に人だかり。
息子が、「ママ、救急車が停まってる」という。

 ああ、これは人身事故だね。
案内板には、本日11時ごろ当駅で人身事故が発生しました。
復旧は12時15分の見込みですと書かれている。

 ホームからぞろぞろ出てくる人たちも。
逆に、ホームに向かう人たちも。

 青いビニールシートを持った駅員さんたちが、
エレベーターの周りを囲って、改札口までビニールシートの壁を作り
見えないようにしているらしい。

 救急隊員の人たちも。

 先生に電話して、状況を伝え、駅ビルのカフェで待つことに。

 最近本当に人身事故多いなあ。
でも、週末のお昼前に、どうして…。

 息子にも印象的な出来事だったらしく、
ずっと、話していた。
********************
 バレエのレッスンは遅れて行って、みてもらえた。

 午後は、バレエ。
駅前の坂道を、おみこしを担いだ人たちが。
おみこしは、金色のものと銀色のもの2つ。

 明日は、「サンマ祭り」らしい。
そういえば、去年はたまたま「サンマ祭り」の日にこの界隈に来て、
すごい人だかりにびっくりしたっけ・・・。

c0191625_2243895.jpg

c0191625_22439100.jpg

 帰りに、久々に渋谷のチャ●ットに寄って、
息子のバレエのシャツを買った。
最近急にまた背が伸びて、小さくなっていたので。
夏はやっぱり成長するなあ・・・。

 我が家のカブトムシの幼虫も、最近ますます大きくなってきた。
c0191625_2244076.jpg

 今まで一匹だと思っていたが、昨日飼育ケースの底に
二匹発見。
もしかしたらまだ外側から見えないだけで、ほかにもいるのかも。

 明日あたり、一度飼育ケースをひっくり返して、
幼虫がどのぐらいいるか見てみよう。
<今日のプライベート充実度50%>

[PR]
by makikoai2005 | 2013-09-07 22:02 | 習い事 | Trackback | Comments(0)

夏休み最後の週末

 気付けば8月も今日で最後。
来週の月曜日からは、息子も学校が始まる。
発表会も終わって、旅行も終わった。

 なんとなく、「通常の週末」が戻ってきた感じ。
朝からピアノのレッスン。
先週休んだ分もしてもらって、今日は1時間。

 午後からは、バレエのレッスン。
息子は、「O先生が、今度、Hくんと二人だけのボーイズクラス
やるって言ってたよ。すっごい厳しい先生呼ぶんだって。」と
レッスンが終わってから言う。
すっごい厳しい先生?
新しい先生が来るのかな・・・。
c0191625_22151370.jpg

 レッスンのあと、久々に渋谷のチャコットの近くにある
フローズンヨーグルトの食べられるお店
に行ってみようということに。
以前はときどきバレエのレッスンのあとに行っていたが、
最近はめっきりご無沙汰だった。

 便利な場所にあるし(塩とたばこの博物館の1階)、
値段も手ごろで、テラス席のゆったり感もよくて、
よく行っていた。
お店の名前は知らない。
我々は「ピンクの店」と呼んでいた。
椅子やパラソルがピンク色だったからだ。

 ところが、久々に行ってみると、
お店は全然別のパンケーキの店に変わっていた。
なんとなく寂しい。
息子も同じように感じたみたいだった。
渋谷みたいな場所で、飲食店がまったく変わらずに存在し続けることは
無理なことなんだろうけど。

*******************
 帰りにうちの近くのスーパーで新学期用の買い物。
学校に履いていく靴や上履き。
c0191625_22151423.jpg

 今日は暑かったけれど、予報では明日からは涼しくなるとか。
夏も終わりだね。
<今日のプライベート充実度70%>

[PR]
by makikoai2005 | 2013-08-31 22:14 | 習い事 | Trackback | Comments(0)

進級テスト

 息子のスイミング、もう半年以上、進級テストで足踏み
「板キック」からいつまでたっても進歩しない。

 週に一回のレッスンとはいえ、これほど進級しないと
よっぽど泳ぎが下手なのではないかと心配になる。

 自慢ではないが、私は子どものころ水泳が得意だった。
家の近くのスイミングスクールに5歳のときから週に2回通い、
息子の年の頃には4泳法をとっくにマスターして、
スクールの記録会でメダルをもらったりしていたぐらいだった。

 それなのに、息子は板キックがいつまでたってもパスできない。
今年の夏は、通っているスイミングスクールの短夏期講習(3日間みっちり)にも
通わせたけれど、進級できなかった。

 息子は、びっくりするほど、同じ年ごろの子どもから遅れているものがある。
身体は人一倍大きいのに、おむつが取れるのがとても遅かった。
そういえば、歯が生え変わるのもかなり遅い。
自転車も、いくら教えても、ややしばらく乗れなかったが
ある日、神宮外苑のレンタル自転車に、またがらせて放っておいたら、
あっという間に自分で乗れるようになった


 スイミングもそうなんだろうか・・・。

 これは、週末に、市民プールにでも連れて行って、
私が直々に指導しないとだめかなとまで思っていたが、
今日うちに帰ると、「じゃ~ん!今日プール進級したよん!」
と本人得意げ。
今日、月末の進級テストの日だったらしい。

 「よかったねえ。次の級ではどんなことできないといけないの?」
「板なしキック」
「・・・。」

 まだまだ4泳法への道は遠い・・・。

*****************
 夏休み休暇のあとの久しぶりの通勤。
やっぱり、「休暇の効用」はすごい。
なんとなく、気分が軽く、またお正月休みまで頑張ろうという前向きな気持ちになれる。

 妹のSちゃんは、明日が最後の出勤で、産休に入るのだとか。
いいなあ。
産休かあ・・・。
出産は大変だけど、赤ちゃんが生まれるのは、楽しそうだなあ。
<今日のプライベート充実度60%>

[PR]
by makikoai2005 | 2013-08-29 22:45 | 習い事 | Trackback | Comments(2)

発表会:Day2

 発表会の2日目は、開演が午後4時からなので、
集合が9時。
前日の帰りが遅かったので、朝起きるのが大変だった。

 行きの電車の中で、二人で爆睡。
9時よりちょっと前に着いたらみんな楽屋の前の廊下に立っている。
せっかく早く来たのに鍵が開いていなかったとのこと。

 9時ぴったりにO先生の息子さんのNさんが鍵を持ってやってきて、
楽屋を開けてくれる。

 早速、メイクをして着替え。
ゲネプロは10時から。
c0191625_10464798.jpg

 2日目は、「白鳥の湖」の全幕。
息子たちは1幕のワルツに、「小姓」役と、3幕の「ナポリ」。
小姓の衣装は、ブルーでベレー帽もついている。
c0191625_10455115.jpg

c0191625_1054372.jpg

 楽屋の前で、Hくんと記念撮影。
今回はちゃんと「男の子」と楽屋の前に書かれていて大喜びの二人。
c0191625_1055546.jpg

 O先生は、息子を見て、「あらあら!こうじゃないわよ!」
と帽子の位置を直し始める。
「もっと飾りが後ろの方に来るようにいなせにかぶってちょうだい。」
先生には先生の美学があるらしい・・・。
c0191625_10564445.jpg

 時間が来て、袖へ集合。
大道具さんたちが舞台装置を設置したりしていた。
c0191625_10163321.jpg

 通し稽古をしているところで、客席に行ってみる。
なるほど。
こちら側から見るとこんな感じなのね。
ゆうぽうとは、プロのバレエ団も公演をするようなところなので、
ちがうなあ・・・。
c0191625_10163521.jpg

c0191625_1016373.jpg

 子どもたちはすっかりリラックスしてしまって、
舞台で遊んでいる。
c0191625_10163973.jpg

 まあ、でも、馬子にも衣装とはよくいったものだ。
それなりに見えるからおかしい。
c0191625_11355515.jpg

 リハーサルでは、やっぱり先生がマイクであれこれ
最後の注意。
息子も何度も名前を連呼されて、右だ左だと位置を注意されていた。
c0191625_10164186.jpg

c0191625_10164344.jpg

 今回は、振り付けのH先生が、Hくんと息子のために
特別、小さな見せ場をつくって下さった。
王妃の後に付いて歩く2人の小姓で、息子は「弓」持ち。
王妃の衣装は、ウェディングドレスみたいで、
すそを長くひきずっている。
c0191625_10164515.jpg

 リハーサルが終わると、
本番までは本当にあっという間だった。

 昨日の様子をFacebookにアップしたら、
それを見た息子の学校のお友達のSちゃんのママが、
「是非、2日目見に行きたい!」と言ってくれて、
急遽チケットを受付に預けることに。

*********************
 結局、1部、2部は袖から、3部だけそっと客席に移動して観て、
4部は楽屋で。

 終わってしまうと、それはそれで寂しいね。
c0191625_10164722.jpg

c0191625_12102828.jpg

 観に来てくれたシッターさんのYさんとお孫さん、
学校のお友達のSさんとママ、それから夫と入口で会う。

 Sちゃんからは、花束と、お菓子をもらった。
Sちゃんもバレエをやっているので、観に来てくれたらしい。
c0191625_129136.jpg

 公演の後は、ゆうぽうとの8階のレストランで
ちょっとしたレセプション。
夫も一緒に行ってみた。

 レセプションにはゲストダンサーも参加しているので、
サインをもらえたりする。
c0191625_12133447.jpg

 主役の二人とも写真を撮ってもらったりできる。
c0191625_12135432.jpg

 公演中に息子が一番大ファンになってしまった道化役の人。
ジャンプがすごい!
c0191625_1216356.jpg

 もちろんサインももらう。
c0191625_10164960.jpg

c0191625_10165142.jpg

 主役の二人には、プログラムにだけではなく、
携帯電話やタオルにまでサインさせる子どもたち。
二人は「ファンサービス」には慣れていて、サインしてくれる。
c0191625_12182310.jpg

 Hくんのママとも記念撮影。
お互い大変だったね。
c0191625_12185214.jpg

 夫はいつの間にか二人の近くの席に移動してしまって、
なにやらロシア語で話しかけていた。
後で聞くと、「彼ら、ウクライナ系だけど、ロシア生まれのロシア育ちで、
自分たちのことロシア人だって言ってたよ。」とのこと。
c0191625_12215068.jpg

 最後に、振付のH先生がご挨拶。
c0191625_1221274.jpg

 楽しい会だった。

 家に戻ると10時過ぎ。
本当にお疲れ様。
頂いた花束やお菓子に囲まれて、発表会の余韻に浸る。
c0191625_10165362.jpg

 Sちゃんからは、手書きのカードまで。
c0191625_12232864.jpg

<今日のプライベート充実度100%>

[PR]
by makikoai2005 | 2013-08-26 10:15 | 習い事 | Trackback | Comments(0)

バレエの発表会:Day 1

 バレエの発表会初日。
開演は6時半だけれど、子どもたちは1時に会場のホールの楽屋に
集合するように言われる。
今回の会場は、五反田の駅からすぐ近くのホール。

 息子と二人で昼過ぎに着くと、O先生が楽屋でお弁当を食べていた。
一番乗りだったらしいA子ちゃんが場所取りらしいことをしているほかは
まだ誰も来ていなかった。
これから開演まで6時間近く、
どうやって退屈させないで待たせるかと思うと、
ちょっと気がめいる。

 発表会もかれこれ4回目。

 間もなく、Hくんたちも少しずつ集まってきて、だんだん賑やかに。
まずは、メイク。
息子は男の子だし、舞台用のファンデーションを塗って、
アイライナーを引くだけなので、それほど時間がかからないはずなのだけど、
例によって、じっとしていないので、手間取る。
c0191625_829687.jpg

 女の子たちは、いろいろな色のアイシャドウを使って、
ママたちが念入りに化粧をしていた。

 シューズが汚れるといけないので、シューズカバーをはかせて、
まずは、衣装を着ける前に、サンドイッチで腹ごしらえ。
とにかく興奮しているのか、
「あんまりおなかすいてない」とか言いながら
あっちへちょろちょろ、こっちへちょろちょろしながら、
合間に食べている感じ。

 「そんなに退屈しているなら、ストレッチでもしてたら?」
と提案すると、一応Hくんと二人でストレッチを始める。
c0191625_821533.jpg

 それも、途中からはおふざけになってしまう
想定内の展開。
c0191625_831368.jpg

 あれしないで、あっち行かないで、そこに座んないで、
しずかにしなさい、うんぬんとひっきりなしに注意していないといけない感じ。
ゲーム機器を持ってきた人がいて、
途中からその周りに子どもたちが群がって、急に静かになる。
やっぱりゲームって、究極の「子守マシーン」。
c0191625_82176.jpg

 そうこうするうちに、2時からゲネプロですよ、
と連絡が来て、衣装を着けて袖で待っているように言われる。
みんな大騒ぎで衣装を着ける。
衣装はレンタルなので、微妙にサイズがゆるかったりして、
ぶかぶかの袖口を糸で縫い留めたり。
脱いだり着たりするたびに、これを繰り返す。

 息子たちの子どものグループは、
オープニングの「パキータ」の「ポロネーズ」。
赤いマントと、赤い帽子を衣装の上につけないとならない。
帽子は、落ちないように、ヘアピンで固定。
マントも紐を結んだだけだとずるずる落ちてくるので、
あちらこちらを安全ピンで衣装に留めつける。

 袖に行ってみると、
大道具さんや照明の人が忙しそうに走り回っていた。

 まずは音楽なしで、客席からマイクを持って指示する先生に
従って、立ち位置なんかを確認。
普段練習している教室よりステージはだいぶ広いので、
全体的に広がるように何度も言われていた。

 音楽に合わせて、リハーサルも。
c0191625_821710.jpg

 本番と同じように通す。
c0191625_821874.jpg

 とちゅで先生がマイクであれこれ指示を飛ばして、
息子を含む数人は、何度も名前を連呼されていた・・・。
やれやれ。本番直前で、こんな風で大丈夫なのかなあ・・・。
c0191625_821989.jpg

 時間がないので、次の曲へ、と言われ、
1回通しただけで、すぐに楽屋に戻って衣装を脱がせる。

 子どもたち、わくわく度全開。
しばらく次の出番まで時間があるので、お手洗いに行ったり食べたり飲んだり。

 次の出番は、最後の方の「白鳥の湖」の第3幕ハイライト。
息子たちが出るのは「ナポリ」。

 A子ちゃんのママが、全員分をそろえて買ってきてくれた
タンバリンをもって踊る。
これがまたシャラシャラうるさくて、興奮している子どもたちに渡すと
ひとたまりもない。
楽屋大騒ぎ。

 出番に合わせて化粧を直して、「ナポリ」の衣装に着替えさせる。
こちらは、男の子は帽子がないので、楽ちん。
小物類はなくしやすいし、その都度回収しても、必ずトラブルになる。

 「この衣装嫌い」とか言いながらも、写真を撮るからポーズをとって、
というと、それらしくするから面白い。
c0191625_8481749.jpg

 衣装を着けるとすぐに袖へ。
袖では、ちょっと大きい子や、大人のダンサーの人もいて、
結構混雑。

 「ナポリ」の音に合わせてのリハーサルでも、やっぱりあれこれ
マイクでご注意。
やっぱり普段広さの違うところだと、
子どもたちも感がくるってしまうらしい。

 「白鳥の湖」の第3幕では、
ロシアから来たゲストダンサーの人たちの
「黒鳥」の踊りもあって、見せ場も多い。
舞台そでから見ているだけで、みんなうっとり。
c0191625_822097.jpg

 リハーサルが終わると、
本番までは、ほとんど時間がなかった。
あんなに待ち時間が長いと思っていたのに、
本当にあっという間。

 自分で支度のできる大きい子たちのお母さんは、受付を
お手伝いしたりしていた。
息子たち小学生は、
親が支度させて袖まで連れていかなければならない。

 「ナポリ」の服を脱がせて、また「ポロネーズ」を着せる。

 Oさんは、金曜日のお客さんの入りをとても心配していた。
6時半は小さい子どもにとっては遅めの時間だし、
ウィークデーなので
仕事帰りに間に合わない人たちもいるだろうし・・・。

 幸いうちは、家族(夫と母)のほかに、シッターさんのIさんと
Iさんの息子さん夫妻、夫のトルコ人の友人Aさん家族とFさんが
来てくれることになっていた。総勢9人!
息子も張り切っている。

********************
 本番は、客席から見ることはできなかった。
舞台の袖で、そっと覗く。
さっきまで厳しくあれこれ言っていたO先生も、
本番間近の子どもたちには、
「とにかくあとは笑って、みんなにっこりして、
お客さんに向かって、笑顔ですよ!」と声をかけている。
c0191625_82201.jpg

 始まると、本当にあっという間。
息子たちの曲が、オープニングだったので、遅れてきた人たちは
見逃しちゃったかな。 
c0191625_822192.jpg

 いつもびっくりするのだけれど、
本番が一番うまくいく。
袖からみていただけだけど、みんなリハーサルの時に比べて
格段に良くできているからびっくり。
c0191625_822152.jpg

 終わって、舞台のそでに子どもたちが戻ってくると、
O先生は、「みんな、ちゃんとできてたから、驚いちゃったわよ。
よかった」と言っていた。

 やれやれお疲れ様。
みんなでぞろぞろ楽屋に戻る。
ロシア人のAちゃんとRちゃんのママは、
自分が舞台にでるんじゃないかと思うぐらいのすごいメイクで来ていたが、
なんのかんのとロシア語で娘たちに言っていた。
オーストラリア人の姉妹BとAのママは、すごくほっとしていたみたいで、
大きなため息をついていた。
子どもにバレエをやらせているママはどこもいっしょだね。

 楽屋の前で、みんな白い壁に向かって順番に記念撮影していた。
c0191625_992824.jpg

いやはや、この曲を踊るものもうこれで終わりだね。
2年前、息子たちがくるみ割り人形に出たときに、
ちょっと多いいお姉ちゃんたちは、「ポロネーズ」を踊っていて、
こんなのができるようになるといいね、
と言っていたのがついこの前のよう。

 第1部の「パキータ」のハイライトが終わったところで、
舞台挨拶。
これも袖から。
c0191625_822266.jpg

 この後は、また次の出番まで、ちょっとのんびり。
子どもたちの大騒ぎも最高潮。
とにかく、「静かにしなさい」と言いつかれた親も、
集まっておしゃべり。
c0191625_822375.jpg

 第2部には出番がないので、またしばらく時間があると思っていたら、
結構あっという間。

 「ナポリ」は、2日目の「白鳥の湖」でも踊るので、
今回の発表会では2回踊ることになっている。

 これも、袖から観ることに。

 ゲストの黒鳥が素敵だった。
やっぱりウクライナ人とかって、
我々とは身体のつくりがそもそも違うんだなあ・・・。
c0191625_822349.jpg

 発表会は時間をかなりオーバーしてしまった。
ホールの延長料金のこともあるらしく、
終わったらすぐに着替えて外に出るように言われて、
本当にあわただしい。
息子はメイクをしたまま外に出る。

 楽屋口には、母とシッターさんのIさんたちが待っていてくれた。
素敵なプレゼントまで!

 ホールの入口には、Aさん家族とFさんが。
c0191625_9234674.jpg

 皆さん本当にありがとう!
c0191625_9242017.jpg

 お弁当持参で来てくれた母にも感謝。
発表会のあとは、おなかぺこぺこで、母の作ってきてくれたおにぎりを
ぱくつく。

 近くのファミレスにいたAさん家族と夫とFさんに
母、息子と一緒に合流。
c0191625_822457.jpg

c0191625_9224194.jpg

 2日目は朝9時集合だから、と母と息子と3人で先に戻ってくる。
プレゼントは、チーズケーキだった!
観に来てもらった上に、プレゼントまで!
c0191625_82259.jpg

<今日のプライベート充実度90%>

[PR]
by makikoai2005 | 2013-08-25 08:00 | 習い事 | Trackback | Comments(0)

バレエの発表会:リハーサル

 明日はバレエの発表会なので、今日から1週間夏休み休暇をとった。
昨日の晩は、ばたばた残務処理に追われて久しぶりに大変。

 午前中、普段行けない皮膚科に行こうと思ったら、
かなり待たされて、断念。

 リハーサルがあるので12時に集合と言われていたので、
息子と一緒に向かう。
足の踏み場もないほど大勢の人が集まっていた。
プロのゲストダンサーの人たちや、
普段はクラスで一緒にならない大きいお姉さんたち。

 今日は衣装を着けてリハーサル。
今回は、4曲、衣装は3種類。
「白鳥の湖」では、「小姓」役だそうで、白い羽根のついたブルーの帽子。
なんだか、いかにもバレエの発表会の衣装という感じ。
c0191625_231696.jpg

 先生が上手にヘアピン4本で留めてくださったが、
本番では、楽屋で保護者がやらなければならない。
「あちらこちらの角度から写真撮っておこう。」とHくんのママが言う。
いい考え!
c0191625_2317312.jpg

 いつも発表会の前はばたばたするのだけれど、
今回も案の定・・・。
前日になってやっと届いた衣装も。

 それで、その衣装にこれからレースだのスパンコールだの
飾りを縫い付けなければならないのだそうで、
袖も作って取り付けなければならないのだとか。

 幸い、息子の衣装ではそういうものはなかったのだけど、
中学生ぐらいの女の子たちの衣装4つがそんな状況に。
中学生にもなると、親はまったく姿を見せず、自分で衣装を管理したり
メイクしたりするらしいのだけど、
さすがにこれを自分でやってというのはかわいそうな感じ。

 たまたま居合わせた小学生のママ数人で、針と糸をもって
飾りを取り付ける羽目に。
 
 ところが、化繊でできたレースの生地は、糸で縫い付けるのが
至難の業。
スパンコールも無数にある。
息子たちがリハーサルしている間に、みんなでちくちく4時間近くやっていたが、
結局終わらず。

c0191625_2244340.jpg

 仕方がないので、残りは明日、楽屋で出番を待っている間に
そこに居合わせた保護者で「人海戦術」で作業することに。
なんとなく、学校の「部活」ののり。
こんな風に、「公演」の直前に、ばたばたと衣装を用意したりとかって
クラブやサークル活動って感じで妙に懐かし。

*********************
 何枚かチケットが配布されて、なるべくたくさん知人友人を誘うように
先生に言われる。
でもねえ、夏休み中だしねえ・・・。

 母と夫が来てくれることになっていて、
そのほかには、いつもお世話になっている2人のシッターさんが
それぞれ息子さんやお孫さんを連れてきてくださるとか。
まったくありがたいことだ。

 夫のトルコ人の友人Aさん一家も来てくださるというので、
レッスンの帰りに、先週花火大会に行ったAさんのオフィスに寄る

 遅めの時間にも関わらず、
奥さんのK子さんと、職員の女性と3人で忙しそうにしていたが、
「明日は、是非にと楽しみにしているから」と言われて、
息子、お喜び。
くるくると自作自演の振り付けで、回って、ポーズまで見せたりしていた、

 明日は、昼ごろには五反田のホールに集合するように言われている。
開演は6時半なのだけど、メイクして衣装を着せて、ゲネプロとか
色々忙しそう。
あとは、本人が楽しんで、2日間無事に終えることができることだけ。
<今日のプライベート充実度80%>
 
[PR]
by makikoai2005 | 2013-08-22 23:31 | 習い事 | Trackback | Comments(0)