週末箱根旅行:その2

 のんびりと朝寝坊。
朝食には、昨日来る途中で買ったパン。
卵焼きを作って、トマトとチーズと紅茶。
キッチン付きの保養所は本当に便利。

 息子が、窓の外を見ながら、「わ~!森の中だったんだね。」
という。昨日到着した時は既に暗かったので、
周りの様子がよくわかっていなかったみたい。
c0191625_17494723.jpg

 天気が良くて、暖かい。
絶好の行楽日和。
運がよかったね。
c0191625_17501224.jpg

 今回の旅では、とにかくのんびりしようというのがコンセプト。
これまで何度か箱根には旅行に来ていたけれど、
一度も行ってみたことがなかった富士屋ホテル。
クラシックホテルの一つ。
宿泊するとなると、とても高いけれど、ちょっとお茶するぐらいなら…。
(ランチは、やっぱりとても高い。)
ネットで検索すると、箱根登山鉄道の「宮ノ下」の駅から近いらしい。

 夫が、せっかくだから歩こうと言う。
確かに下り坂なので、歩いても行けるかも。
2駅だからそれほどの距離ではないはず。
「途中でお昼を食べてから行ってもいいよね。」
c0191625_19315741.jpg

 車道をびゅんびゅん車が走っていく。
歩道は本当に狭くて、ちょっと危ない感じ。

 しばらく行くと、隣の「小涌谷」の駅が見えた。
c0191625_19324169.jpg

 駅の近くには、何か食べたりできるお店があるかもしれない。
期待に胸を膨らませて駅に降りていく我が家の男性陣。
c0191625_19333660.jpg

 ところが駅前には期待したようなレストランはなかった。
他方で「彫刻の森」駅にはなかったタクシー乗り場はある。
今度、夜遅く着いたときには、小涌谷で降りてタクシーを使ってもいいね。
駅の裏側には、大きな郵便局や、警察署があったので、
この辺の中心なのかもしれない。
c0191625_19362867.jpg

 仕方がないので、また歩いて、宮ノ下まで行くことに。
ところが、宮ノ下までの道は、蛇行していて、しかも
歩道がほとんどない。
横を切り出された丸太を運ぶ大きなトラックや
乗用車がたくさん通ってとても怖い。
c0191625_1938854.jpg

 かなり歩くと、やっとそれらしいところへ。
「もうお腹すいた。待てない。」という夫と息子は、
天ぷら屋さんの看板に大喜び。
「ここで食べていこうよ!」

 天ぷら屋さんは、普通の民家の2階。
我々のほかに一組のお客さんがいた。
天ぷらなので、結構いい値段。
定食はちょっと高いなと思った。
3人で天丼。
c0191625_19402571.jpg

 カロリーが高くて、野菜がほとんどなくて、
栄養のバランス的にはかなり悪い。

 老夫婦が切り盛りしていて、目の前でおじいさんが
天ぷらを揚げている。
c0191625_1941257.jpg

 夫はエビ天丼、息子はかき揚げ丼、私は穴子丼。

********************
 おなか一杯になったところで、目指すは富士屋ホテル。
拍子抜けするぐらい、目と鼻の先にあった。
な~んだ、すごく近くまで来ていたんだね。

 富士屋ホテルは、目立つ建物で、すぐにわかる。
c0191625_1944356.jpg

 毛の長いふかふかの絨毯が敷いてあって、
ホテルのスタッフの人たちも、恭しい感じ。
私たちと同じように、宿泊客ではなく、中を見に来たらしい人もたくさん。

 クラシックホテルは、去年の夏休みに軽井沢の万平ホテルに
行ったね
(もちろん、お茶だけ。)。

 息子が小さいときには、日光の金谷ホテルに1泊だけしたことが
あったっけ。

 中庭に臨むラウンジでお茶。
2時半ごろだったせいか、待たずに席に案内された。
c0191625_19484939.jpg

 息子はアイスクリームサンデー、夫と私はケーキセット。
アップルパイを頼んだら、リンゴがびっくりするぐらい
ごろごろとたくさん入っていた。
c0191625_19505424.jpg

 せっかく素敵なクラシックホテルでティータイムなのに、
息子はi-phoneのアプリでチェスとかやっていた。
やれやれ…。

 中庭の池には、鯉がたくさん住んでいて、
息子が池をのぞき込むと、餌がもらえると思ったのか
すごい量寄って来る。
c0191625_19513276.jpg

 こんな素敵なホテルにいつか泊ってみたいなあ。
都会のアメリカ系5つ星ホテルとかとも違う趣がある。
c0191625_19522490.jpg

 せっかくだから、記念撮影しようという夫。
まるで、ここに宿泊した人たちみたいにポーズをとったりして。
c0191625_1953050.jpg

*****************************
 富士屋ホテルからは、バスで戻ることにした。
さっき徒歩で下ってきた道を、バスで上る。
バスは混んでいて、立ち乗り。
 我々と同じように、これからバスで温泉に行こうとする人たちで
いっぱい。

 そう。今日のもう一つの目的は、
小涌園の向かい側にある温泉施設「ユネッサン」に行くこと。

 息子がとても小さいときに一回来たことがあったけれど、
本人はまったく覚えていなかったらしい。

 水着を着て入るエリアと、水着なしで入る温泉エリアがある。
泊っていた保養所で、割引券をもらったので、半額以下。
水着エリアは、家族で入れて楽しい。

 トルコのシヴァスにいる人の足の皮を食べるドクターフィッシュの
コーナーがあった。前回は試さなかったけれど、今回は体験してみる。
ドクターフィッシュには「歯がありません」と書かれていた。
足を入れると、小さいシラスよりちょっと大きいぐらいの魚が
脚に寄ってきて、吸い付いてくる感じ。何とも気持ちがいい。

 それから、ワイン風呂だのコーヒー風呂だの一通り入って、
その後温泉エリアへ。

 やっぱり温泉はいいなあ。
夫も、これから当分温泉に入れないなんて本当にかわいそう。
夫も息子も、大の温泉好きなのだ。(もちろん私も。)
いい思い出になったね。

 夜は、ユネッサンの中のピザのお店へ。
c0191625_2005886.jpg

 またまた凝りもせず注文しすぎて、お腹が痛い我々。
ちょっと残してしまった。

 歩いて疲れたのか、温泉で温まったせいか、
保養所に戻ると、バタンキュウしてしまった。
朝まで12時間熟睡。
<今日のプライベート充実度90%>

[PR]
by makikoai2005 | 2014-01-26 17:37 |
<< 週末箱根旅行:その3 週末箱根旅行:その1 >>