バンコクへの旅:Day4(Silom Cooking School)

 随分と間があいてしまったけれど、
年末のバンコク旅行記の続き。

 朝はパンケーキ。
ホテルにいる間は、普段自分では作らない朝ご飯を
エンジョイすることに。
ふわふわでおいしい!
c0191625_18321960.jpg

 今回の旅の大きな目的の一つは、
夫の提案で、タイ料理教室に行ってみようということ。
Lonley Planetで調べるといくつか出てくる。
値段が手ごろで、評判のよさそうな「Silom Cooking School」に
連絡してみる。

 木曜日の夕方に夫が電話してみると、
土曜日の午前中のコースが空いているとのこと。
夫と私で参加することにして、息子も一緒に連れてきてよいとのこと。
宿泊先のホテルと部屋番号を告げると、
スクールまでの地図と詳しいことが書かれた紙を届けてくれるとのこと。

 ちゃんと、前日までに、ホテルにファックスが届いていた。
場所はSilom。「タクシーの運転手さんにこれを見せてください」
とタイ語で書かれた地図まで。

 約束の集合場所早めに着くと、何人か外国人旅行者と
思われる人が集まっていた。

 我々のグループは、ドイツ人のカップル、イスラエルから来たカップル、
香港の銀行で同僚だというインド系イギリス人、アフリカ系イギリス人、
韓国人の女性三人組と我々家族。

 時間になると、英語を話す若いタイ人の男性が来て、
みんなにバスケットを一つずつ配る。
中には、ミネラルウオーターが。
「これから、皆さんでまず市場に買出しに行きます。」
とのこと。
c0191625_183377.jpg

 市場は歩いてすぐのところにあった。
先生は、一つ一つ食材について説明してくれる。
普段はロンドンのタイ料理店でコックさんをしているとのことで、
クリスマス休みにタイに里が入りして2か月間
個々の学校で、講師をしている、と説明していた。
c0191625_18333038.jpg

 こんな変わった野菜も。
c0191625_18335062.jpg

 ココナッツを削る機械。
ココナッツミルクは、ココナッツの実の内側の白い膜を
削ったものですよ、との説明も。
c0191625_18341259.jpg

 新鮮なエビの見分け方も教えてくれる。
背中が曲がっているのを選んでくださいとのこと。
c0191625_18343082.jpg

 市場から、みんなで食材を持って、細い路地を入る。
奥の方に、学校の看板がかかった建物が。
ここが学校。
c0191625_18345570.jpg

 2階に通されて、まずは小さな食堂のようなところで
手を洗って、エプロンに着替えるように言われる。
貴重品は、可愛い鍵のついたロッカーへ。
c0191625_18353292.jpg

 エプロンをすると、すっかり気分もそれっぽくなってくる。
c0191625_18355452.jpg

 そのあと、隣の台所へ。
床にはパッチワークの布が敷いてあって、食材が並べられていた。
c0191625_18361310.jpg

 「これから、4種類の料理を作ります。」
と先生が説明。
c0191625_18363760.jpg

 市場で削ってもらったココナッツの実をボールに入れて、
お湯を注ぎ、ビニールの手袋をしてボールの中でもむ。
「よくもんでくださいね。こうやってココナッツミルクを作ります。」
もんだココナッツは、濾し器で濾して、またお湯を注いでもむ。
これを2回繰り返し。
c0191625_1837068.jpg

 まず作るのは、トムヤムクン。
野菜やハーブを使う。
c0191625_18372112.jpg

 材料を小さく刻んだり、つぶしたりする。
c0191625_18374440.jpg

 その後、細長い廊下に並べられたレンジの前へ。
先生の指示に従って、大きな中華鍋に油を入れて。
c0191625_1838269.jpg

 まずは、ハーブとエビを炒める。
同じグループのイスラエル人のカップルは、ベジタリアンだそうで、
エビの代わりに豆腐を入れていた。
c0191625_18382818.jpg

 思ったよりずっと簡単。
これなら家でも作れるかな、と思ってしまうほど。
c0191625_18385739.jpg

 出来上がり!
c0191625_18391917.jpg

 それから食堂に作ったトムヤムクンを持って行って、
みんなで試食。
美味しい!
辛さも調節したので、息子もちゃんと食べられる。
c0191625_18394214.jpg

 みんなときどき写真を撮ったり。
先生は、「あとでレシピを配るから、メモ取らなくてもいいですよ。」
と言う。
c0191625_1955615.jpg

 次の一品は、タイの焼きうどん「パッタイ」。
c0191625_196943.jpg

 これも、想像以上に簡単に作れたように感じた。
もちろん、先生やアシスタントの女性が段取りよく
材料をそろえてくれていたので、そう感じたのだと思うけど。
c0191625_1963125.jpg

 生春巻きも。
c0191625_196467.jpg

 最後は、タイカレー。
これも辛さは自分の好みに調節できる。
c0191625_197184.jpg

 自分たちで作ったと思えないほど美味!
c0191625_1972426.jpg

 デザートに、マンゴともち米のお菓子。
オーキッドを添えると、本当に豪華な南国デザートって感じ。
c0191625_1973677.jpg

 1時ごろまでかかって、楽しいクッキングスクールは終了。
同じグループの人たちと、おしゃべりして、帰る。
参加してよかった。
こういうのに参加すると、旅がまた別の味を増してくる感じ。

 学校は、こういうなんてことはない路地を入ったところにあるので
また行こうとしたら、見つけられないかも。
c0191625_1975169.jpg


c0191625_198380.jpg

 先生は最後にレシピブックもくれた。
これがあれば、日本に帰ってからも習った料理が作れそう!
(夫は既に、正月休みに家でパッタイを作っていた!)
c0191625_1981618.jpg

 その後は、BTSの駅までしばらく歩いて、電車で帰った。
これからどうしようかねえ・・・。

 とりあえず、ショッピングモールの中のカフェで一休み。
ところが、夫がそこにスマホを忘れたと言い出し、大騒ぎ。

 日本でならほぼ100%戻ってくるだろうけど、
ここはタイ。
心配しながら、カフェに戻ると、
店員さんがちゃんととっておいてくれた。
よかった~!
ほっとしたので記念の1枚。 
c0191625_1983632.jpg

 夫が、また駅前のマッサージの店に行きたいというので、
行くことに。
我が家の男性陣は、1時間のタイマッサージ。
私は、両腕をワックスで脱毛してもらうことに。
実は、腕の毛を抜くのは生まれて初めて…。

 想像以上にきれいに抜けた!
やみつきになりそう。
2週間ぐらいは持つかな…。
c0191625_198519.jpg

 それからホテルに戻って、しばらく休憩。
c0191625_199952.jpg

 かわいそうな息子は、休暇中なのに、ドリルをやるようにいわれて、
だらだら寝ている両親の脇で、しばらく勉強。
c0191625_1992494.jpg

 夜は、これまたガイドブックで調べた
イーサン料理(タイの東北地方の料理)の店に行くことに。
ちょっとわかりずらかったけれど、お店は人気があるらしく、
地元の人でいっぱい。
しばらく店の前に並んで待つことに。
c0191625_1993859.jpg

c0191625_1995689.jpg

 メニューは結構リーズナブル。
家族連れやデートのカップルでいっぱい。
とりあえず注文。
c0191625_1910926.jpg

 ところがこれが、とてつもなく辛かった。
イーサン料理が辛いのは知っていたけれど、これほどまでとは…。
c0191625_19104580.jpg

 辛い物好きの夫は食べていたが、息子と私は途中でギブアップ。
いやはや、タイ料理を甘く見てはいけない…。
c0191625_1911182.jpg

 ご飯のあとは、街をぶらぶら。
人がたくさん集まっているところに近づくと、
何やら大道芸の人が。
よく聞いていると、日本人!
c0191625_19111485.jpg

 「日本からきました!」とか言いながら
長い梯子に上って、けん玉をしたりしていた。
c0191625_19303096.jpg

 しばらく歩くと、マンゴの専門店、MangoTangoが!
これがかの有名な!
c0191625_19304623.jpg

 思わず入店。
c0191625_1931162.jpg

 マンゴやマンゴを使ったスイートがたくさん。
人気のお店。
c0191625_1931145.jpg

 それぞれべつべつのものを注文してみる。
c0191625_19312944.jpg

 マンゴが大好物の我が家の男性陣あっという間に完食。
c0191625_19314369.jpg

 どうやら、その通りでは、ちょっとした日本関連のイベントを
やっていたみたいで、ほかにも風船を膨らませるパフォーマンスを
している日本人の大道芸人の人がいた。
c0191625_19345399.jpg

 しばらく見物。
c0191625_19315797.jpg

 日本のトマトケチャップの会社のブース。
c0191625_19321712.jpg

 ほかにも、スポンサーの日本企業がたくさん。
c0191625_19323670.jpg

 カフェで一休みして、ホテルへ。
盛りだくさんな一日だったね。
c0191625_19324936.jpg


 

[PR]
by makikoai2005 | 2014-01-11 18:39 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kenanmama.exblog.jp/tb/21449796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< バンコクへの旅:Day5(ウィ... 体調回復! >>