カブトムシ

c0191625_224534.jpg

 職場の同僚K野さんが、
「ところで、カブトムシいりませんか?」
と事務連絡メールの後ろに書いて来た。

 聞いてみると、娘さんたちがカブトムシを飼っているそうで、
雄雌2匹からタマゴ→サナギとなって、今では成虫が16匹もいるとか。
「夜うるさくて、寝られなくて困っています。よろしかったらあげますよ。」
とのこと。

 カブトムシって鳴くんだっけ?うるさいって?
「何せ16匹もいるので、夜になると羽音がうるさくて。」
どうやらカブトムシは夜行性らしい。

 息子、喜ぶだろうな。
結局雄雌一匹ずつもらうことに。

 金曜日の昨日の夕方、K野さんは、紙袋を持ってきた。
中をのぞくと、小さいプラスチックのケースに入ったカブトムシが。
と、いうか、カブトムシは2匹とも土の中に潜っていて見えない。

 「100均で買ったケースだから、返さなくていいです。
それから、これが餌の昆虫ゼリー」
ちょうど、こんにゃくゼリーみたいな容器に入った餌を5つほど
つけてくれた。
「だいたい、3日ぐらいでなくなるんで、そしたらあげてください。
留守にするときは、たくさんいれとけば、1週間ぐらいは大丈夫です。」
なるほど。
 
 大昔小学生の時、クラスで飼っていたカブトムシは、
スイカの皮なんかやっていたような・・・。
「スイカの皮もいいんですけど、やりすぎると下痢しちゃうんですよ。」
え?カブトムシが下痢?

 「こんなサイトもあります」とカブトムシの飼育の仕方が詳しく書かれた
サイトのアドレスも教えてくれた。
「カブトムシ、繁殖させるのそんなに難しくないですよ。」だって。

 うちにもって帰ると、息子は案の定大喜び。
夫は案の定、ぶーぶー。

 男の子というものは、万国共通で虫の世話が好きなのかと思っていたが、
夫は前から虫が嫌いで、どんな種類であろうと、カブトムシでもゴキブリでも
「虫」とひとくくり。

 ま、仕方ないか。
小さなケースの中ではとても窮屈そう。
K野さんが言うとおり、もう少し大きいケースに移すことに。

 カブトムシを飼うための、マットと呼ばれる腐葉土とかでできた土、
昆虫シート(小バエが観察ケースの上から入ってくるのを防ぐのだとか)、
切り株の形に木が切ってある餌台、昆虫ゼリー、
ゼオライト(カブトムシにダニがつくのを防ぐのだとか)をそえぞれ100均で購入。
しめて、消費税を入れると525円。

 近所のスーパーで、プラスチックの観察ケースを買う。

 さっそく家に戻って、息子と一緒にカブトムシを移すと、
結構大きくてびっくり。
すぐに土の中に潜ってしまった。
c0191625_2245519.jpg

 いやはや。
うまく世話できるかなあ・・・。

***********************
 先週受けた塾の入室テスト
結果は、ひどい点だったけど、どうにか入れてくれたみたい。
夏期講習に参加するのに、こんなテストまで、本当にびっくり。

 教育パパの夫は例によって、あれこれドリルを買い込んできて、
夏休みにこれをやらせるのだ!と息巻いている。
まあ、無理のない程度にね。

 そもそも、うちでは息子に中学受験をさせるつもりはない。
ちょうどそのころ日本に住んでいられるかさえわからないし。

 そうそう、明日は、例の文章教室の日だった。
夏休みの予定もあるし、次回はいつかな・・・、とホームページを開いてみたら、
あれ~!
c0191625_22532084.png

 息子たちのクラスの授業風景の写真が掲載されている。
そういえば、2回目ぐらいに行ったときに、
「資料用の写真の撮影があります。御了承ください」とかいう紙もらったなあ。
なんか、すごい真剣に取り組んでるみたいな感じで、おかしかった。

 母にメールしたら、「ははは。次回は『模範的作文の実例』とかいうページにでも
載ればいいわね。」などというシニカルな返事が。
確かに、そりゃそうだ。
<今日のプライベート充実度70%>

[PR]
by makikoai2005 | 2013-07-13 22:04 | 家族
<< りんごのジュース 猛暑 >>