やっぱり、おたふく風邪

 息子は今朝もいたって元気。熱もない。
ただ、食べるときに、両方の頬が痛いと訴える。
確かに数日前に比べて明らかに耳のしたあたりのほっぺたが腫れている。
これは、やっぱりおたふく風邪なんじゃ…。

 息子の保育園では、今日は「お別れ遠足」だったのだけど、
やはり寒い屋外でのピクニックに送り出すのは気が引けて、
10時ごろに母に家に来てもらうことにして、
念のため、T小児クリニックの先生に見せようと思った。
朝、職場に電話を入れて、数時間休みをもらう。
息子をT小児クリニックに連れて行った。

 そうしたら、案の定、
「おお!これは明らかにおたふく風邪ですね。
それではこの間の抗生物質はとりあえずやめて、家で安静にさせてください。」
とあっさりと言われた。
え~!この間の「おたふく風邪じゃない」っていうのは一体なんだったの・・・。

 「おそらくこの間の金曜日からおたふく風邪だったんでしょうから、
今週の金曜ぐらいまで家でおとなしくしていてね。
金曜日にもう一度見せてくださいね。そのときに腫れが引いていたら
登園許可書を書いてあげます。」

 やれやれ、困ったなあ。
一番困ったのは、金曜日まで息子を誰がみるのかという問題。
夫は手術で1週間休みをもらったので、もうさすがに休暇はもらえないとのこと。
私も、夫が入院中は、ちょくちょく時間休をもらっていたし、
先週の金曜日も息子を病院に連れて行って、午前中休んでしまった。
これ以上はなかなか厳しい・・・。

 息子はいたって元気。
一応、寝室に行っているように言ったけれど、
おとなしく寝ているわけがない。
すっかりベットの上で遊んでしまっている。
c0191625_145196.jpg

 豆電球と電池の実験セットを組み立てたりしていた。
(写真でも、頬が腫れているのがご覧いただけるか…。)

 そこへ母が駆けつけてくれる。
本当に、最近は母に迷惑をかけている。
1日おきに祖母の介護のために叔母と交代で病院に通っているし、
毎日は頼めない。
母は急遽父に電話。
2週に1回隠居所から実家に戻っている父は、この週末も実家に滞在していたらしい
今朝は、電車で隠居所に戻るところだったとか。

 電車の中の父を捕まえて、事情を話し、実家に戻ってもらう。
母が介護に行っている日は、父にみてもらうことになった。
まったく、家族総動員。
つくづく実家が近くて、両親が協力してくれて、助かった。

**********************
 夕方、息子は実家へ移動。
やっぱり両親に毎日うちまで通ってもらって、病気の息子の世話をしてもらうのは
難しいだろう。実家に連れて行ってみてもらったほうが、なにかと便利。

 やれやれ。金曜日までおとなしく過ごしてくれるといいけれど…。

 ところで、私、子どものころおたふく風邪に罹ったという明確な記憶がない。
水疱瘡はよく覚えているのだけれど。
まさか、今まで罹っていなくて免疫がないってことないよねえ…。
心配になって、ネットで調べると、大人になってから罹ると重篤化して
合併症を引き起こすことがあるのだとか。
 ただ、94%ぐらいの人は、子どものころ何らかの形で罹っていて、
30%ぐらいの人は症状が出ない(または軽い)ために気づかないこともあるのだとか。

 潜伏期間が長いので、もしも今息子から感染したとすると、2週間後ぐらいに
発症する可能性があるのだとか…。
いやだなあ。
子どものころにちゃんと罹っていたらよいのだけど。
もしくは予防注射をしておくんだった…。

 ところで夫は大丈夫かなあと思って、おたふく風邪のことを説明するも
何のことだかも理解していないようだった(はしかと勘違いしたみたい…。)。
やれやれ。最近周りが慌しくて落ち着かないなあ…。
<今日のプライベート充実度30%>

[PR]
by makikoai2005 | 2011-03-29 01:42 | 家族 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kenanmama.exblog.jp/tb/16115798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kiyoko-hongkong at 2011-03-29 13:55 x
おたふくかぜ!お大事になさってください。
(私もした記憶がないです。)

↓ハイジの多国語バージョン、いいですね!オランダ語とかポルトガル語とか、母語話者すくなさそうな言語でもあったなんて、「日本のハイジ」すごいです。そしてアラビア語バージョン、Youtubeのコメントにも多かったですがまさに「Scary」。逸脱しすぎですよね。あまりに怖いので受けてしまいました。

ところで、被災地入りした看護師さんの日記読んでみてください(感動・・・) http://blog.goo.ne.jp/flower-wing
Commented by Kako at 2011-03-29 19:11 x
子供さんはご家族の心配も何のそのの、可愛い笑顔。実験セットを組み立てる大物ぶり♪
でも、おたふくかぜ、お大事になさってくださいね。。。

*トルコのニュースビデオ見せていただきました。説明を書いていてくださったので、まずはそれを旦那さんに説明(慌てないように)すると、日本のニュースをよく見ていたせいか、”真剣すぎ”と言って、最後のところは、ウケてました(汗)
Commented by Mariko at 2011-03-30 00:23 x
K●●くん、お大事にね!いつもブログでK●●くんの様子読んでいたら、昨日の夜ついに夢登場してくれて、一緒に遊んでた!いつか実現よろしくお願いしまーす。
Commented by makikoai2005 at 2011-03-30 02:14
kiyoko-hongkongさん
ありがとうございます。私も罹るんでしょうか…。ん~こればっかりは悩んでもどうしようもないですが…。
 被災地入りした看護婦さんのブログ、すごいです。涙目になってしまいました。
Commented by makikoai2005 at 2011-03-30 02:16
kakoさん
本当に、飛んだときにおたふく風邪になってくれました…。実家で預かってくれて本当によかったです。
 トルコのニュースビデオ、日本のことがわかっている人が見れば、「大うけ」ですが、トルコの普通の人が見たら、すっかり信じてしまうだろうなあと思いました。なんとなく、誠実そうな感じの女性記者がレポートしてるし…。
Commented by makikoai2005 at 2011-03-30 02:19
Mariko~!
ついに、夢に出てしまいましたか!いやあ、ぜひ今度遊ぼう!かなり腕白だけど、Marikoなら道場に来てるKidsで慣れっこかな?(笑)
<< スープ ハイジ >>