「国際結婚:トルコ・日本家庭」?

 この間、夫が大学の同窓会に出かけて、
そこで新しく知り合ったDさんは、都内のW大学に留学して博士論文を
準備しているとのこと。

 論文のテーマは「国際結婚:トルコ・日本家庭」。
日本で暮らしている日本人とトルコ人のカップルにインタビューをして
何やらその傾向とかについて書くらしい。
c0191625_2184549.jpg

 Dさんは30代半ばのトルコ人女性。
去年から日本に留学しているらしいのだが、留学直前にトルコで結婚し、
「遠距離婚」状態らしい。
私としたら、そんな彼女の生活の方がよっぽど興味深いのだけど…。

 これまでも既に色々なトルコ人・日本人カップルにインタビューをしたらしい。
トルコ人・日本人カップルのほとんどは、
夫がトルコ人で妻が日本人という組み合わせらしい。
「これまで夫が日本人で妻がトルコ人っていうカップルで、
インタビューしたのは2組だけだった。」と言っていたそうだ。
なるほどねえ~。

 で、「Sさん(夫)は、日本人と結婚しているトルコ人の中でも、
日本に帰化した数少ない人だそうね。なかなか面白いケースだから
是非インタビューさせて。」と言われたらしい。

 既に、聞き取り調査のためのレジュメみたいなもの(A4で2ページ)が
メールで送られてきた。
夫と妻と、別々にそれぞれ1時間半ぐらいインタビューするんだそうな。
ん~。そんなこと言われてもねえ。
「ただおしゃべるするだけって感じだから、気軽に受けて。」と言ってたとか。

 とりあえず、今度の週末に息子のバレエを待ってる間にでも
ということになったそうな。
どうすりゃいいんでしょうねえ。
そもそも我々の何がそんなに「博士論文」のネタになり得るのやら…。
<今日のプライベート充実度50%>


 
[PR]
by makikoai2005 | 2010-05-28 02:02 | 友達 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://kenanmama.exblog.jp/tb/14470324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yasasin at 2010-05-28 21:06
うぁぁ、こういうのが論文テーマになるんですか(驚)
なんか、突き詰めるととんでもなくドロドロした話が出てきそうで怖いですね(笑)ちなみに、現地でトルコ人女性と結婚してる日本男児がおりますが見た目がどうも無国籍っぽいんですよね(笑)当然こちらで自営の男性ですが。
国際結婚はどこの国でも文化や宗教の違いが取り沙汰されて個人の個の部分が抜けているような気もしますが。
家庭観や結婚観、経済観などいろいろな面で妥協とかが要されますが、基本的に性格が合わないと結婚なんて根底からムリですよねぇ。
ちなみに、私には「お笑い観」という項目があり吉本系の笑いが理解できない人間は日本人であろうと外国人であろうとムリです、ムリ(笑)
※上記の写真、シンプルなドレスが高感度大(好)
Commented by makikoai2005 at 2010-05-28 23:55
yasasinさん
そうなんです。最近はこんなことでも「博士」論文のテーマになるんですね。いったい何を勉強されている方なのかしら。「社会学」?「文化人類学」?「なんとかコミュニケーション」とかいう新しい学問?不思議です。 
 おっしゃるとおり、結婚って、いわゆる「国際」結婚であろうと、同じ国民同士の結婚であろうと、とどのつまりは2人の個人の間の関係だから、「価値観」が共有できるかってことに尽きてますよね。同感です。「笑いのつぼが一緒」っていうのも大事なポイントですね。
 トルコでトルコ人女性と結婚してる日本人男性?すごい!色々な意味で、すごい!
 ドレス、おほめ頂きありがとうございます。シンプルなのを見つけるのに苦労しました。トルコでは、なんかすご~く派手だったり、肩から背中がむき出しのセクシーすぎるものとかが多くて…。これはたまたま新しいシーズンのものが入荷し始めたということで値下げされていたドレスです(一応フランス製ってことでした。)。
Commented by pino-ombra at 2010-05-28 23:58
文科系の修士、博士論文は、非常に多彩なのです(笑)。
私も某文科系の修士号を持っていますが、非常にニッチな世界でして。

「遠距離婚」は、研究者の世界では、けっこうあると思いますよ。
私の身内でも、やっていた人がいます。
Commented by caianina at 2010-05-29 00:09
こんなテーマが博士論文のテーマになるんですね。色々なカップルに話を聞いてまとめる。でも、おもしろそうですね。

私も遠距離婚のほうが興味があります。1ヶ月だけ離れているだけでも、寂しい私ですが、国際結婚が増え、国際化した今はこういう形も増えてくるのでしょうね。
Commented by makikoai2005 at 2010-05-29 00:41
pino-ombraさん
そうですよね。最近は、すごく面白い学問が増えてますよね。pinoさんも修士号をおもちなんですね?ニッチな世界なんだあ…。
 確かに、研究者の人たちは、全国津々浦々、はたまた全世界を股にポストを渡り歩いている方もいるので、おのずと「遠距離婚」は結構一般的なのでしょうか…。
Commented by makikoai2005 at 2010-05-29 00:43
caianinaさん
そうなんです。びっくりです。確かにこういうフィールドワークなら楽しいだろうなあ…。
 私も「遠距離婚」の方が、すごく気になります。まあ、「単身赴任」とかもその一つかもしれませんが…。国内での「遠距離婚」のみならず、国際的な「遠距離婚」も増えててもおかしくないですね確かに。
Commented at 2010-07-13 19:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< むかし、むかしアゼルバイジャン... 雨降りの残業 >>